363 Views

米ディズニーが、ルーカスフィルムとスター・ウォーズの権利を買収 世界のIT業界は、すべてルーカスさんの女性問題で動いてる?

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE89T09X20121030

 

 

ディズニーが買収して、スター・ウォーズのキャラクターがディズニーランドに並ぶのも時間の問題…。

どうやら、そんな雰囲気さえしてきた。

嬉しいやら悲しいやら…。

もしかして、ジョージ・ルーカスは、また離婚の費用に当てるつもりなのか?

そもそも、ジョージ・ルーカスが離婚しなければルーカスフィルムのコンピュータ部門も売り出されず、

それがなければ、ジョブズが買い取ることもできず、ピクサーも誕生しない。

ピクサーがなければネクストも存続できていない。

すると、現在のアップルにジョブズも返り咲いていない。

現在のアップルがiPhoneを造っていなければ、Androidもなかっただろう。

世界のIT業界は、すべてルーカスさんの女性問題で動いてる?

 

[ロサンゼルス 30日 ロイター] 米メディア・娯楽大手のウォルト・ディズニー(DIS.N: 株価, 企業情報レポート)は30日、米映画制作会社ルーカスフィルムと人気映画シリーズ「スター・ウォーズ」の販売権を40億5000万ドルで買収すると発表した。

今回の買収にはスター・ウォーズの新シリーズに関する権利も含まれ、ディズニーは2015年に新たな作品を発表し、その後は2─3年ごとに新作を公開するとしている。

映画監督のジョージ・ルーカス氏は引き続きクリエーティブコンサルタントとして関わる。同氏はディズニーの株式2.2%を保有する第2位の個人株主となる。

ルーカスフィルムの買収でディズニーは半分を現金で支払い、約4000万株を発行する。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事