462 Views

米国ビデオストリーミングシェアNetflix57.5%YouTube16.9%PIV3.0%Hulu2.8%

スポンサーリンク





アマゾン動画視聴回数3倍 アップル、Hulu抜く
2014/4/9 23:00

Prime Instant Video」における視聴回数が、前年と比べ3倍近くに拡大したと発表した。「ストリーミングビデオ視聴で米Appleと米Huluを抜いた」としている。

Prime Instant Videoは、Amazon.comの商品配送優遇プログラム「Amazon Prime」の加入者を対象に提供しているサービスで、約4万本の映画やテレビ番組を無料でストリーミング視聴できる。同社デジタルビデオおよび音楽部門担当バイスプレジデントのBill Carr氏によると、Amazon.comはこれまで数億ドルを投じてビデオ配信事業の強化を図ってきた。映画会社やテレビ局などコンテンツパートナーによる作品のほか、オリジナル制作の番組も配信している。

エンターテインメントビジネス誌「Variety」のオンライン版が伝えたQwiltのデータでは、

2014年3月におけるビデオストリーミング視聴は

米Netflixがシェア57.5%(前年は52.5%)を占め、圧倒的首位に立っている。米GoogleのYouTubeはシェアが16.9%(同28.2%)に縮小したが2位のポジションを保持。

Prime Instant Videoのシェアは3.0%(同0.6%)、Huluは2.8%(同1.5%)だった。

 なおAmazon.comは4月2日にセットトップボックス(STB)「Fire TV」を発表し、同日より99ドルで米国での販売を開始した。また4月17日、Amazon Primeの年会費を従来の79ドルから99ドルに引き上げることを先月発表している。

スポンサーリンク




この記事に関連する記事