424 Views

荒唐無稽なVFX CGがダウンサイジング化して歯止めが効かない映画産業

スポンサーリンク





 

インドのVFX 映画、もうストーリーよりも、特殊効果の連続…。
しかし、全く、よどみなくVFXを追求している抜けの良さは素晴らしい。
ボリウッドが踊るだけでなくVFX効果でも世界に進出するのは時間の問題なのかも。あとは、センスのいいディレクターがいればだけど。

各所にどこかの既視感のあるキャラクターやシーンが(笑)
でも、見ようによっては、スパイダーマンシリーズと大差がない。

 

SF映画のバトルシーンは、もはやグリーンバックのスクリーン上での演技。
CGはそれらに命を吹き込む。宇宙空間のバトルはすべて、コンピュータの中で行われている。
チームというよりも、1人の強烈な個性が映画にも反映される時代だ。 

 

 

スポンサーリンク




この記事に関連する記事