1,778 Views

【音楽】Char チャーさんのビートルズ・トリビュートが超COOL!♫


日本のギターの神様といえば、品川区戸越在住のチャーさん!

ご近所で、犬の散歩しているところで出会うと思わず、深々と勝手にお辞儀してしまいました。

ビートルズの楽曲を、見事にアレンジしてトライされています。

勝手にランキング!

第六位 A Hard Days Night

ビートルズの決定的なイントロなしでやってしまうところが、Charさんのすごいところ。

「そこやっちゃっても、かなわねーよな…」って感じで、オリジナルの展開です。

サビが、また、すごい! スカっちゃっているウラでいきますか!

ところどころ、ブレイク、タメ、勉強になります!

アウトロも見事に期待裏切ってくれます(笑)

第五位 Help

レゲエリズムの解釈。そういえば、BEATLES の映画HELPの撮影の頃は、007のサンダーボール作戦と一緒にバハマで遭遇したそうですね。そのイメージですかね? 第四位 Ticket To Ride イントロはいずこ!!?の意外なところから…。

天下無敵のフェンダー・ストラトキャスター

 

第三位 And Your Bird Can Sing

 

ポップなリフの解釈。

Bメロのハネ感。ソロの音が最高。

そして、ご自身の三度のハモリ♡

そして、ギターは完全無欠の「BEATLES」

 

第二位 Taxman

なんと、リフは、こういくんですね! ギターはギブソン・ファイヤーバード似合いすぎだわ!

 

第一位は! Tomorrow Never Knows

 イントロの入りかた、もう完璧にノックダウン!
鼻にかかった人口的なエフェクトの声と、浮遊感のあるギターサウンドも!

【番外編】DayTripper お、ランキングしてから、ジョニー・ルイス&チャー ベースもギターも、どっちもベース&ギターのダブルネック

しかもベースのユニゾンリフで、ギターチェンジ

肩はコリコリになると思いますが、すんごいアプローチ!

しかし、ながら、このダブルネックはどこぞのダブルネック?
初めてみました!

西口いっとくさん、情報ありがとね!








この記事に関連する記事