527 Views

1,994億円 成田空港 2013年度決算 営業利益398億円(前年114.6%)売上利益率19.9%

スポンサーリンク





1,994億円 成田空港 2013年度決算 営業利益398億円(前年114.6%)売上利益率19.9%

※今期(2014年)は、LCC空港としては厳しくなりそう。国際線の玄関としては、羽田に客が奪われ、むしろ、LCC空港としての専業案を思案しても良いかと思う。
当日LCC空席激安とか、発着料の割引とか、乗り遅れ客へのスムースな別便とか、空を新幹線並にもっと自由にしていくのはどうだろうか?

羽田にはない、成田の魅力づくりが必要。

http://www.skyscanner.jp/

のような、予約システムを成田でも採用し、期間、航空会社に縛られず、顧客が自由に旅程を、予算と場所で選べるように、そして、当日でも海外にすぐに行ける自由化を臨みたい。

成田こそ、特区を活用して、「ジェット特区」などで国際都市化すべきだろう。

 

成田空港会社では、格安航空会社の新規路線就航や海外からの観光客の増加などで、昨年度、成田空港を利用した人が過去最高になったことなどが利益の大幅な伸びにつながったとしています。
一方、来年3月期の業績見通しについては、羽田空港の国際線の発着枠がことし3月から増えた影響で国際線の便数が減ったことや、空港内の店舗の改装に伴い、売り上げが減少することなどから減収減益になるとみています。
成田空港会社の夏目誠社長は「航空会社や利用客から選ばれる空港となるよう利便性の向上を進めて世界トップレベルの空港を目指していきたい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20140510/4338211.html

スポンサーリンク




この記事に関連する記事