983 Views

iPad Proをソフマップで下取りしてもらい2014MIDのMacBookProを手に入れたインプレッション

スポンサーリンク

iPad Proをソフマップで下取りしてもらい、2014MIDのMacBookProを手に入れたインプレッション


※羽田空港タリーズにて、後ろにはチームラボの面々!猪子さんと飲みたいなぁ…。

iPad Pro を上限の9万6,000円で買い取りしていただき、ソフマップカードのポイントで10%アップ!

10万5,600円ポイント

そのポイントでMacBookPro 2014MIDをゲットした! 差額の購入費用は1020円 消費税がなければポイントだけで購入できたかも!

考えてみたら、ノートはずっとレッツノートだった。途中でMBA11とかMBP17に手を出したけれどもすぐに放出…。久しぶりのMac。
外出時にPowerPointさえ作成できればよかったからだけかも…。

しかもこのところは、外出時はずっと iPad mini2 がメインマシンだった。そこにiPadProを投入したが、dマガジン専用ブラウザとしておさまっていた。

しかし、現在ならば上限の9万6000円での下取り。さらにポイントならば10%アップの下取り。
MacBookProもMacBookAirも2015年の3月 2015 early から、もうすぐ1年。ここで現行機種を買うのはまずい!

なので、中古市場でMBPかMBAを探索。 しかし、ニコニコ生放送などに使いたいことを考えたら、熱暴走などを考えるとMBPのチョイス。
10万以下であればというねらい

見事、ドンピシャがあった。電源ケーブルがもたついているらしいが、電源なんて充電できればいいのでかまわない!

クリックの深押しとかも魅力的だけど、とりあえず、旧機種でしのいで、2016年の新製品が登場した時にまた買い換えればよいという判断!


取り急ぎ、現段階でのインプレッション。

MacBookPro13 Retina Mid 2014

2.6GHz intel Corei5

8GB 1600 MHz DDR3

1536MB

MacBookPro 久しぶりに触ってのインプレッション
1.RetinaはChromeで130%で拡大すると、老眼でもにじまず、シニアグラスなしで肉眼で見える。
2.SSDのスリープ復帰の速さに驚く!
3.キーボードのライティングが綺麗。うーんUSキーボードだったらなぁ…。日本語のかな表示の意味なし!かな表示こそオプションにすべき
4.El Captainでも快適!
5.Handoffが利用できる! 2013 MacProが非対応だったから…

 

この記事に関連する記事

スポンサーリンク