amazon #echospot は縦長写真が苦手

amazon #echospot が到着してから、ほとんど 「ねぇ、Google」とは呼ばなくなってしまった。

それほど、ディスプレイを持っているスマートスピーカーは魅力的だ。

 

なんといっても、調べ物をする時に画像が登場するのが良い。

 

ニュースなどでもNHKなどは動画で再生される。

ここからも受信料をとりたいのだろう(笑)

 

豊臣秀吉を調べると、Wikipediaの画像が表示される

 

しかし、ナポレオンを調べると、顔のないナポレオンが登場する。

そうだ、丸型ディスプレイだと、縦位置の写真などは、頭と下がきれてしまうのだ。

 

 

豊臣秀吉は大丈夫

 

 

サブプライムローンを調べてみると…

 

 

 

これは、もう音声で質問し、耳と目で確認できる 最強のホーム家庭教師だ。

 

『Alexa ジョイサウンドかけて』 …で、無料でのカラオケが数百曲用意されている…。
当然、歌詞が見えるから、マイクのないカラオケ状態で十分に楽しめる。

画面をスクロールをして、タッチして曲を選ぶ…

 

カラオケ  シャ乱Q『シングルベッド』

f:id:knnkanda:20180728160551j:plain

 

 

 

 

AIで会話がもっとできれば楽しいだろう。

残念ながら、日本では、テレビ会議 や見守り機能が、現在のところまだサービス開始になっていない…。これは残念だが、時間の問題だろう。

 

amazonの排他的戦略は、一文の得にもならない 

しかしながらamazonなので、YouTubeは視聴できない…。

 

こういったところの排他的な縄張り争いは、一刻も早くやめるべきだ。

amazonで Google home を販売し、YouTubeをAlexaに開放させてほうが、amazonにとっては、かなり有利に働くだろう。

 

Google home からも、amazonで注文もできたほうがよいのだ。

 

いや、amazonはなんとしてもこの家庭内での会話の個人情報が欲しいのだ。

しかし、Googleは物販はともかく物流には興味がないので、amazonはYouTube獲得に動いたほうが、Googleにとっても広告露出で貢献できるのだから双方にありだろう。

 

amazonのアプリをGoogle Playからダウンロードできなくなってしまっては元モコもないのであるから…。

 

amazonはここはオトナになるべきだ。すぐにGoogle、いや、Alphabetに菓子折りもって挨拶に行け!  

 

この記事に関連する記事