地方移住起業で300万円 から400万円×3年間までの起業支援

なんだか地方移住に賞金がかかっているくらいに真剣な様子…。

 

 

□政府は(2018年8月)28日、東京など首都圏1都3県から地方にUIJターンして就職、起業する人の支援策として、地方創生推進交付金を活用し、1人当たり最大300万円を支給する方針を固めた。

□政府は人口の東京一極集中を是正するため、24年度までの6年間で、地方に移住して就職・起業する人や、地方で新規就労する女性や高齢者を計30万人増やすことを目指している。

□19年度は東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県から地方に移り、起業した人に対し、設備や建物の賃借費などの必要経費を最大300万円支援する。

 

移住、起業で最大300万円=UIJターンで支給―政府

移住、起業で最大300万円=UIJターンで支給―政府(時事通信) – Yahoo!ニュース

 

起業家に対して最大年間400万円 最長3年間支援

f:id:knnkanda:20180830174405j:plain

起業家は、地域でのパートナーとなる住民や企業、行政との協働を図りながら、プロジェクトに取り組み、3年以内での起業実現と定住を目指します。 また、専属のコーディネーター3名によるハンズオン支援や総務省の「地域おこし協力隊制度」を起業支援に特化した制度として活用。 最大200万円/年が報酬として支給され、さらに最大200万円/年が活動経費や起業支援に活用されるなど(最長3年間)、 充実した支援のもと、起業に取り組むことが可能です。 これまでの経験や知識を活かし、自分たちの手で理想の働き方や暮らし方を実践しながら、 新しいプロジェクトに取り組んでみませんか。

ano-kono.ehime.jp

 

 

この記事に関連する記事