■関西インターネットプレス  フリーペーパービジネスのマーケティング

■関西インターネットプレス 
フリーペーパービジネスのマーケティング

f:id:knnkanda:20181011142354j:plain

マッキントッシュのDTPで、原稿、写真、レイアウト、製版、印刷、発送までの作業を自らコントロールする術を覚え、インターネットの普及期に関西のインターネットメディアを全てコントロールしようと意気込んでいた。

『関西』というパブリッシングのブルーオーシャン!

インターネット時代に紙の出版の広告営業! 
いまでは、考えられないのかもしれませんが、インターネットの黎明期は、紙で説明しないと、電話代にプロバイダー料金がかかったのです。

インターネット雑誌の大創刊時代!
プロバイダの広告バブル時期でした。

インプレス社の『インターネットマガジン』の関西版を目指し関西プロバイダ情報というニッチなフリーペーパーで勝負していた。

 

f:id:knnkanda:20181011142429j:plain

 

f:id:knnkanda:20181011142436j:plain

 

f:id:knnkanda:20181011142506j:plain

 

 

 

個人で初めて自宅に光ケーブルの専用回線を引いた128Kで月額35万円!

よく。やっていたと関心します。
家賃のローンも35万円!
何もしないでも毎月70万円のコスト。

さらに印刷費が70万円ほど…。
Macの最新型に、年間30万円、アプリにも20万円ほど…。

それだけ、昔はお金がかかりました!

しかし、それを超える広告費がとれていたから、存続できるだけのインターネットバブルだったのです。

2000年のネットバブル崩壊までは…。

80年代バブル、マルチチメディアバブル、ネットバブル、ブロードバンドバブル、ウェブ2.0バブル、ユビキタスバブル、ソーシャルネットワークバブル…。

世の中の25年間の停滞と違い、ずっとITバブルの波のファーストペンギンだったような気がする。

過去の自分との対峙は必要だ。なによりも、一番鼓舞させてくれる。

 

 

f:id:knnkanda:20181011142544j:plain

この記事に関連する記事