無念!新「スゴ録」 3機種発表!

Toshiaki Kanda 2006年09月12日 火曜日
0 people like this post

2006年09月13日(水)に開催されるソニーの発表会で、期待していたBlue-rayとAVCHD対応の「新・スゴ録」ハイビジョンレコーダーを期待していたが、見事に期待を裏切れられてしまった。

新しい機能といえば、地上波デジタルのWチューナー搭載という当たり前な結果に…。SONY HDR-SR1&UX1が登場しているだけに、AVCHD対応のBlue-ray専用機だけでも登場させて欲しかった。やはりこれは、戦略製品であるPS3に搭載するというのがキホンかもしれない。

しかし、映像を仕事にしている人がPS3でバックアップをとりたいと思うのだろうか?ま、PS2と同じく、DVDが普及したように、PS3でBlu-rayを普及するのが目的であろう。しかし、それであれば、ソニーの”Like no other”の企業スローガンはもうやめたほうがいい…。もっと、アーリーアダプターがワクワクしてスペックを発表しただけで、予約に走ってしまうようなソニーマニア向けの製品が欲しくてたまらない!

今でも3回目の修理を終えたCocoonで地上波アナログの汚い映像を見ているほど、そんなソニーらしい製品をのぞむ!

現在、主流となっているハイディフィニッションで撮影したミニDVをオリジナルクオリティのまま保存したいので、IEEE1394のアップコンバート機能とかも欲しい…。さらにミニDVを再生できる「新・スゴ録」の登場を期待したい。ミニDV再生機能つき、HDRの需要は絶対にあるはずだ!

レア製品かもしれないが、現在のソニーが他社と競えるのはPSPに持ち出すのではなく、ミニDV搭載のW地デジのHDRであろう。

頼むから作ってくれ!!!!

この記事に関連する記事

Category: コラム
  • 0
  • 212
Toshiaki Kanda