3,470 Views

AdobeがShape,Illustrator Draw,Brush,などでベクター連携をクラウドで開始!

AdobeがShape,Illustrator Draw,Brush,などでベクター連携をクラウドで開始!

Adobeのアプリがいつのまにか満載で驚いた!

iPhoneだけでもこんなにも!!!

Adobe idea が Illustrator Draw へ変化するのか…。全く知らなかった。
Adobe Ideas – ベクトル線画とイラストレーション – Adobe

Adobe Shape

Adobe Shape CC – Capture and create vector shapes – Adobe

Adobe Photoshop Express

Adobe Photoshop Express – Adobe

Adobe Brush

Adobe Brush CC – Photoshop、Illustrator、Adobe Sketch用のクリエイティブなブラシ – Adobe

Adobe Premiere Clip

Adobe Premiere Clip – Adobe

@nobi のレポートより

iPhoneアプリ「Adobe Shape」を使って身の回りにある形を取り込み、それをiPadやMacで作成中に作品に組み込める

iPadに入った「Illustrator Draw」(旧称:Adobe Ideas)を起動すると、右側のクラウド上のライブラリから、iPhoneで取り込んだ形(カリグラフィ)を使ってイラストを作成できる(ちなみにIllustrator Drawは、十数個のレイヤーを使った編集も可能なかなりの本格派だ。続いてPC版のIllustratorを開くと、やはり、こちらでもiPhoneで取り込んだ形がすぐに表示され、作品に統合できる。

Illustrator Drawは、元々Adobe Ideasという名前で人気があったiPadアプリだ。最新版はAdobe Illustratorの延長としてレイヤー重ね合わせた高度な描画が可能になった

同時にリリースされたiPhoneアプリ「Adobe Brush」もすごい。例えば、紙の上にチョークで1本線を引く。この線をAdobe Brushが起動したiPhoneで撮影する。すると、すぐにその書き味がAdobeのクラウドサービスに登録され、すべてのアプリで利用可能になるのだ。実際に、iPad上の「Photoshop Sketch」というアプリを使って、作成したばかりのブラシを選び、指で線を描いてみると、線のかすれ方や、チョークの粉の周囲への飛び散り方まで本物で描いたようだ。

ちなみにAdobe Brushでは、花を撮影してブラシにしたり、レゴのようなブロックを撮影してブラシにしたり、場合によっては人を撮影してブラシにすることも可能で、これによって、これまでなかったまったく新しい表現ができる。

引用元: 林信行が見た「Adobe MAX 2014」:すぐ試したい“アドビマジック”満載――クラウドを生かしたスマホ/タブレットの新しい可能性 (1/2) – ITmedia PC USER.

この記事に関連する記事