2025年、AI人材 25万人政府目標 現在2800人 89倍の目標 AI教員は全国で100人程度

Toshiaki Kanda 2019年06月02日 日曜日
0 people like this post
2025年、AI人材 25万人政府目標 現在2800人 89倍の目標 AI教員は全国で100人程度 3

2025年、AI人材 25万人政府目標 現在2800人 89倍の目標 AI教員は全国で100人程度 4

政府の教育再生実行会議が2019年5月17日にまとめた第11次提言でAIに関する講座の認定制度の導入を盛り込んだそうだ。

まず現在専門知識を持つ人材は全国で2800人しかいないそれを2025年までに25枚にすると言う事は89倍の目標が必要と言うことだ。

つまり現在人材を育成できる教員が100人程度なので単純計算をすると8900人の教員ニーズがある。

もしくはネットで学べるためのAIラーニングシステムの需要がある。

これは大きなチャンスでもある。

データジャーナリズムというニュース予測の分野も期待できそうだ。

2025年、AI人材 25万人政府目標 現在2800人 89倍の目標 AI教員は全国で100人程度 5

2019/06/02 日本経済新聞

2025年、AI人材 25万人政府目標 現在2800人 89倍の目標 AI教員は全国で100人程度 6

AI人材 教員も払底:日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45584440R00C19A6EA5000/

Society 5.0 とは…

2025年、AI人材 25万人政府目標 現在2800人 89倍の目標 AI教員は全国で100人程度 7
https://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/index.html

狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、新たな社会を指すもので、第5期科学技術基本計画において我が国が目指すべき未来社会の姿として初めて提唱されました。

Society 5.0で実現する社会

これまでの情報社会(Society 4.0)では知識や情報が共有されず、分野横断的な連携が不十分であるという問題がありました。人が行う能力に限界があるため、あふれる情報から必要な情報を見つけて分析する作業が負担であったり、年齢や障害などによる労働や行動範囲に制約がありました。また、少子高齢化や地方の過疎化などの課題に対して様々な制約があり、十分に対応することが困難でした。

Society 5.0で実現する社会は、IoT(Internet of Things)で全ての人とモノがつながり、様々な知識や情報が共有され、今までにない新たな価値を生み出すことで、これらの課題や困難を克服します。また、人工知能(AI)により、必要な情報が必要な時に提供されるようになり、ロボットや自動走行車などの技術で、少子高齢化、地方の過疎化、貧富の格差などの課題が克服されます。社会の変革(イノベーション)を通じて、これまでの閉塞感を打破し、希望の持てる社会、世代を超えて互いに尊重し合あえる社会、一人一人が快適で活躍できる社会となります。

2025年、AI人材 25万人政府目標 現在2800人 89倍の目標 AI教員は全国で100人程度 8
2025年、AI人材 25万人政府目標 現在2800人 89倍の目標 AI教員は全国で100人程度 9


この記事に関連する記事

  • 0
  • 13
Toshiaki Kanda