767 Views

日本では英会話教材として販売しようamazon Echo Dot

スポンサーリンク

Alexa と呼びかけているけど、これは、Amazonが米国で、販売する
amazon Echo Dot だ。

49.99ドル の安価になったヒットしている Amazon Echoの廉価版だ。

https://www.amazon.com/All-New-Echo-Dot-2nd-Generation/dp/B01DFKC2SO/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1474853676&sr=8-1&keywords=echo+dot

残念ながら、日本のamazonでは、洋書の書籍の Amazon Echoしか販売されていない…。ほんと、残念だ。英会話教材として販売すればいいのに…。もちろん日本では、機能が限定されていることが多いことも含めて…。
pandoraやUberなどの、ほとんどが、くだらない自主規制によって、クビがしまっている日本の現状がよくわかる。

http://amzn.to/2cx2EMI

いつ日本語化されて、発売になるのか?

そんなことを考えていては、いつまで経過しても、この体験は期待できない。

同音異義語が多すぎる日本語では文脈での理解がまだまだ難しい。

そこで、いっそのこと、Echo と話す時くらいは、家庭の中の、『出島』として、英会話教材として、販売してほしいくらいだ。

Amazonのネット接続スピーカーEcho Dotが、50ドルになって帰ってきた
http://jp.techcrunch.com/2016/09/15/20160914amazons-connected-speaker-echo-dot-returns-is-now-only-50/

しかも、松竹梅の選択肢!

Amazon Echoの弟分、「Echo Dot」と「Amazon Tap」誕生
http://www.gizmodo.jp/2016/03/amazon_echoecho_dotamazon_tap.html

この記事に関連する記事

スポンサーリンク