922 Views

【App】最高のiアプリは The Beatles:The Little Black Songbook 1400円 @zonostyle

<

「The Beatles:The Little Black Songbook」
The

twitterで、@zonostyle さんが、ツイートしていて、すぐにダウンロードしてみた。

1400円もするアプリだが、あの元ミュージシャンで、インターネットマガジン編集長の @zonostyle さんがいうのだから、間違いない!買ってみた!

なんと、この「The Beatles:The Little Black Songbook」 1400円  は素晴らしいアプリだった!

「The Beatles:The Little Black Songbook」
The

ダウンロード購入して最高!しかもiPadが最高の「コード譜」となった。

iPadが楽器になるのはたくさんあったが、まさか、電子書籍としての「楽譜」になってしまうとは!しかも演奏音もカバーしている曲が豊富にある。いっそ、全曲バック演奏してくれれば、1万円だしてでも欲しくなる!

いままでに、ビートルズの楽譜は数冊所有しているが、譜面立てにとても乗り切らない。しかも、演奏中に、ページをめくるのも大変…。しかし、iPadをぽんとおいておけば演奏は簡単だ!コードも歌詞もわかる!

次ページにまたがる曲も、 ギターをひきながら、さっとスクロールするだけでいいのだ!

しかも、音源のある楽曲は、そのままアウトプットでだしてしまえば、それだけでカラオケになるではないか!

カラオケサウンドのMIDIによる音源で、ガッカリしていた人はびっくりします!

良いところばかりだが、いくつか問題点がある。

譜面とコードが160曲 おさまっているが、時折、カポタストを指定されてコードが変調されている。ピアノの人が困ってしまいます(笑)

それと、間奏部分などのコードがない曲も、チラホラ…。そこはオリジナルどおり、弾きたい人向けに修正してもらいたい。

通常、コード譜というのは、間奏がないのが普通だが、紙面に制限がない電子譜ならば、間奏にもコードをつけてもらいたいもんだ。

よくある、歌本の、2番の歌詞にコードがないということは、演奏者は大変!しかしこのアプリでは、2番でも3番でもコードがついているので、ギター一本でどこまでも弾ける!

時々、最上部がメニューで隠れてサビ音のコードが読めないなんてこともある。

YouCan do that のB7 と Em 部分。Bmで弾いていました。

タップすればいいが、演奏時には余裕がない…(笑)

コード表もあるので、わからないコードの押さえ方もある。簡易だけど、チューナーがわりの再生音、よくわからない変な紹介ビデオまである。これははっきりいっていらないけど!

何よりもすごいのが、リアル音源で演奏のみが収録されている。

この音源の再現性はすさまじい、クオリティである。もちろん、本物のザ・ビートルズの演奏ではない。

しかし、リッケンバッカー特有のキラキラしたサウンドが見事に再現されている。ポールベースがもっとうねってほしい気もするが…。

このアプリがあるおかげで、京王線 神泉駅すぐにある「ランタン」の水曜日のビートルズのセッションデーにいっても、どの曲でも対応できそう!

ランタン Tel.03−3476−0438  http://lantern.web.infoseek.co.jp/


東京都渋谷区円山町18-2 藤田ハイツB1F




神泉駅より徒歩1分/渋谷駅より徒歩10分

<

新宿の「レノンハウス」さんでも、木曜日にビートルズセッションデーがあるみたいだ!

http://lennonhouse.com/

〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-16 セントフォービルB106
Tel & Fax 03(3341)1334

<

<