//

Apple 決算発表 【売上】156億ドル(1兆5600億円)32%増【利益】33億7,000万ドル(3370億円)50%増(前年同期比) 2009年10-12月期 | KNN KandaNewsNetwork 4knn.tvApple 決算発表 【売上】156億ドル(1兆5600億円)32%増【利益】33億7,000万ドル(3370億円)50%増(前年同期比) 2009年10-12月期 | KNN KandaNewsNetwork 4knn.tv
394 Views

Apple 決算発表 【売上】156億ドル(1兆5600億円)32%増【利益】33億7,000万ドル(3370億円)50%増(前年同期比) 2009年10-12月期

Apple 2009年10-12月期 決算発表  2010年度 QY1  (2009年10-12月期)

【売上】156億ドル(1兆5600億円)32%増(前年同期比)

【利益】33億7,000万ドル(3370億円)50%増(前年同期比) 1株あたり3.74ドル

前年同期 2008年10-12月期 
【利益】22億6,000万ドル(2260億円)

【販売台数】Macintosh 336万台(33%増)  iPhone870万台(100%増) iPod 2,100万台(▲8%)

via http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20407339,00.htm

昨年のクリスマス商戦の結果がこの数字だ。iPodの落ち込み=iPhoneへのアップグレードとして考えられる。

年間予測としては、単純に4倍すると、売り上げは 624億ドル(6兆2400億円)のApple市場が見えてくる。
今年の新製品投入によって、

【A】デスクトップ+ノート 

【B】iPhone&iPod  

【C】新ジャンル(タブレット)

と新たなカテゴリーが投入される。

実はもっと可能性を秘めているのが、

【D】オンラインマーケット(iTunes)である。

戦略は、新たな魅力的なハード&ソフトによって既存メディアの取り込みと、プラットフォームを創出することによっての優位的な市場支配。

Appleは、実は、ハードウェア&ソフトウェアカンパニーから、流通&サービスカンパニーへの事業転換と拡張をはかっている。Googleが、サービスを中心にとらまえるのと、アップルのコンテンツビジネスを中心に考えるのと、どちらが正解だったのかは、21世紀中盤までに結果がでると思う…。



>