カテゴリー: typepad

何の意味? EBITDA  GAAPベース DD(Due diligence) デューディリジェンス

何の意味? EBITDA GAAPベース DD(Due diligence) デューディリジェンス

スポンサーリンク     EBITDA(イービッ...

Google 2013年第二四半期売上1兆4105億円 141億500万ドル

Google 2013年第二四半期売上1兆4105億円 141億500万ドル

米Googleは現地時間2013年7月18日、2013年第2四半期の決算を発表した。売上高は141億500万ドルで、前年同期の118億700万ドルから19%増加した。傘下のMotorola Mobilityの事業を除いたGoogle事業の売上高は131億700万ドルで、前年同期の同条件の売上高から20%増加した。
 会計原則(GAAP)ベースの純利益は32億2800万ドル(希薄化後の1株当たり利益は9.54ドル)で、前年同期の27億8500万ドル(同8.42ドル)から16%増加した。
 当期の業績を事業別に見ると、傘下のWebサイトによる売上高は88億7000万ドル(Google事業売上高の68%)で前年同期比18%増。パートナーサイトからの売上高は31億9000万ドル(同24%)で同7%増加した。
 傘下のWebサイトとパートナーサイトを含む広告のペイドクリック総数は前年同期比で約23%増、前四半期比で約4%増。クリック単価は前年同期比で約6%低下、前四半期比で約2%低下した。
 提携パートナーに支払うトラフィック獲得コスト(TAC)は30億1000万ドルで、前年同期の26億ドルから増加した。TACの広告収入に占める割合は前年同期と同じ25%だった。また米国外の売上高は72億ドルとなり、Google事業の売上高の55%を占めた。
 Motorola Mobilityの売上高は9億9800万ドルで連結売上高に占める割合は7%。またMotorolaの営業損益(GAAPベース)は3億4200万ドルの赤字で、赤字額は前年同期の1億9900万ドルから拡大した。
 当期末時点の正社員数は4万4777人で前の四半期末時点から約9000人減少した。Google事業の正社員は約1000人増えたが、Motorola事業が約1万人減少した。

マイクロソフト 2013年第2四半期決算 198億9600万ドル 1兆9896億円 JT 2兆1600億円(年)、日本の新聞産業1兆9000億円(年)に匹敵 

マイクロソフト 2013年第2四半期決算 198億9600万ドル 1兆9896億円 JT 2兆1600億円(年)、日本の新聞産業1兆9000億円(年)に匹敵 

米マイクロソフト(MS)が18日発表した4~6月期決算は売上高が前年同期比10%増の198億9600万ドル(約2兆円)、最終損益はは49億6500万ドルの黒字(前年同期は4億9200万ドルの赤字)だった。業務用ソフトは好調だったが、自社開発タブレット「サーフェス」の販売不振に伴う在庫調整費用9億ドルを計上。リストラ費用などの特殊要因を除いた実質1株利益は29%減となった。
 前年同期は過去に買収した企業の「のれん代」約62億ドルを減損処理し、最終損益が赤字だった。今回の四半期は特殊要因がなくなって最終損益は黒字転換したが、パソコン需要の減少などで売上高が市場関係者の事前予想に届かず、18日の米株式市場の時間外取引でMS株は売られた。MSの株価は同日終値に比べて一時約6%下がった。
 業績を部門別にみると、主力の業務用ソフト「オフィス」を手掛けるビジネス部門の売上高が14%増の72億1300万ドル、営業利益が18%増の48億7300万ドル。サーバー&ツール部門の売上高は9%増の55億200万ドル、営業利益は14%増の23億2500万ドルだった。
 基本ソフト(OS)を手掛ける「ウィンドウズ」部門の売上高は6%増の44億1100万ドル、営業利益は55%減の10億9900万ドル。パソコン販売の不振に加え、サーフェスの販売を促進するための値下げに伴う在庫調整費用計上が響いて、営業利益が大幅に減少した。
 ゲーム機を手掛ける娯楽・機器部門の売上高は8%増の19億1500万ドル、営業損益は1億1000万ドルの赤字(前年同期は2億5200万ドルの赤字)、インターネット検索「Bing(ビング)」などを手掛けるオンライン部門の売上高は9%増の8億400万ドル、営業損益は3億7200万ドルの赤字(前年同期は66億7200万ドルの赤字)だった。