1,884 Views

【memo】アップル製品の型番を調べる方法

アップルの製品って同じ名称で発売時期が違う製品が多くて型番が非常にわかりにくい…。

しかし、アップル製品って中古市場も人気があるので、自分の持っている製品の型番を覚えておいて損はない。でも、製品の裏側をチェックしてみても、製品番号が載っていない製品も多いので、オークションの落札価格や、ソフマップで下取りしてもらう時にも、自分のアップル製品をチェックするのに一苦労します。

※OS X Yosemite 10.10 ヨセミテはこちらで!
Yosemite は、システムレポート>ハードウェア>システム番号(システム)でご確認を!

そこでそんな時の、アップル製品の型番を調べる方法のメモ!

 

発売時期から調べる方法

Macintosh 製品番号リスト(国内販売分)
~あなたのマックを製品番号から探してみましょう!~
http://www.macmem.com/mac_mlist.html

Mac用メモリーを扱う専門店のマックメムさんの情報提供。
ご商売の一貫とはいえ、とても役立つ!ありがとね!

本体シリアル番号から調べる方法

シリアル番号の調べ方
デスクトップをクリックして、Finderを表示して、左上のアップルマークをクリック>「このMacについて」>「詳しい情報」
※ここに製品番号表示してくれれば助かるのに…!

ところが!こんなMac本体のシリアル番号の追跡方法がありました!

f:id:replication:20120221231947p:image

Macのシリアル番号からモデル(型番)を調べる方法http://d.hatena.ne.jp/replication/20120222/1329838673

ビルド番号が表示され…もう一度クリックすると!

シリアル番号 YM0350XKEUH
だということがわかりました!

そして、その番号をここへ打ち込むと!
https://selfsolve.apple.com/agreementWarrantyDynamic.do

おおお!! 発売時期と一応の名称とサポート状況はわかった!

ウチのメインのMac Proは、もうすでに4歳になろうとしているのか…
そりゃ、サポートもアップルケアも終わるわなぁ…。

しかし製品型番号はどこだ?

http://www.mac-kaitori.net/find/

Appleの技術仕様のページ

http://support.apple.com/ja_JP/specs/

しかし、製品番号は表示されていません(泣)

やはり、技術仕様のページを見比べながら、マックメムさんから

http://www.macmem.com/mac_mlist.html

たどっていってようやく、

MC561J/A 
Mac Pro Intel 8-Core Xeon 2.4GHz/6GB/1TB/ATI Radeon HD 5770 1GB/SuperDrive (標準構成)

MC561J/A
Mac Pro Intel 8-Core Xeon 2.4GHz/6GB/1TB/ATI Radeon HD 5770 1GB/SuperDrive (標準構成)

という事が判明しました。
ここからメモリを2GB増設して、グラフィックスを
ATI Radeon HD 5870 1024 MB でBTOしたので、少しグレードは上かな。

Appleのサイトですら、製品番号探せないというのは、まだまだアップルも甘いなぁ〜。

ついでに製品番号がわかったので、
オークファンで落札価格をチェックしてみると…。

http://aucfan.com/

 

 

落札相場検索すると…!!!

な、なんと!

2010年の購入でも落札価格は、15万円くらいだということがわかる。

 

2010年9月2日に35万8,454円で購入した。そこから下取り価格15万円とすると、使用価格は、20万8,454円。
これを4年間で割ると、 1年あたり5万2113円。月間4,342円。一日あたり、144円!

悪くないね。しかし、現在のMacPro本体に拡張性ないし、3.7クアッドコアでも303,800円もするので、しばらくは現在のMac Proをもう少し、愛用することに…。画期的すぎても、拡張するためのハードディスクのデザイン環境も整備されていないし…。
http://store.apple.com/jp_smb_3500/buy-mac/mac-pro

だから、MacProの旧バージョンの下取り価格が高いんだけど(笑)。

ちなみに、5年日記とか10年日記があると、何十年前のお買い物でも一目瞭然なのでオススメです。何年おきにMacやiPhoneを買い替えているのかなどもわかって、未来の自分を過去から戒めることができる!

 

 

KNN 10年日記のススメ

この記事に関連する記事