1,527 Views

日曜日はyoutubeからインポートしたchordify.netでギターコードを練習!

スポンサーリンク

KNNポール神田です。

YouTubeで福山雅治さんの曲を聞いている…。

歌詞もついていて、便利だなぁ…とおもう瞬間。著作権的には大問題でもあるんだけど…。音楽は聞いていただいてナンボの時代だからこそ、音楽産業もその意味をわかりはじめてきている。その昔はラジオで楽曲を流すのを許可していない歴史もあるくらいだ。
※歌詞付きは、youtube本家でembedでは表示できません

https://www.youtube.com/watch?v=CJ0DX4rYrtQ

歌を聞くだけではなく、この曲のコードがわかれば、ギターで弾けるのになぁ…とか思っているそこのアナタ!

とりあえず、YouTubeにある、このURLを「コピー」してみてください。https://www.youtube.com/watch?v=CJ0DX4rYrtQ

そして、ここへアクセス!

http://chordify.net/

空白の2行目にある、 「Search song or paste URL」のところに、さっきコピーしたURLをペーストしてみてください。

すると、chordify.netが、なんとコードを分析してくれているのです…。

 

 

しばらくすると、分析が終了する。 この間に、部屋にあるギターをとりにいってくださいね。

そして、表示される画面を見て、驚く!

http://chordify.net/chords/-fukuyamamasya

そして、ギターのピックを持って、再生ボタンを押す。

ギターのコードを引いていくだけで、知らない曲でさえもギターで奏でることができる。

そこで、ボクのギターの練習方法ですが…。
1通り、弾いていくと、なんとなくこの曲が、「A♭」のキーで構成されていることがわかる。

そして、この曲が、マイナー調(短調)ではなく、メジャー調(長調)ということがわかれば、フレットを騙されたと思って、3つ下げてみる。
ギターでは、「F」となる。

そこで、ギターには、「ペンタトニック・スケール」という、まさにノーベル賞もののスケールがある。

ヨナ抜き音階」とも言われ、(主音ド(1つ目)から4つ目のファと、7つ目のシがないファとシがない「ドレミソラ」だけで構成されている。これをギターの指板に落とすとこうなる。


「A」のキーの楽曲で6弦「E」の5フレットから人差し指で抑えて引くと、見事な「マイナー」曲のアドリブが弾けるというまさに幻のスケールだ。

今回の曲は、「A♭=6弦「E」を4フレット」で引くと、マイナーで調子があわない。

そこで、「必殺のフレット3つ下げのメジャーの法則」で、「F」で弾いてみてください!
つまり、「F=6弦「E」が1フレット」として弾くのです。

このコード表だと、5フレットを1フレットと思って弾いてみてください。

なんと…完璧にアドリブ弾けるでしょ!

リズムの裏からはいったり、チョーキングやヴィブラートをかけると、もう、ギターが旨くなった気がします。

がんばりましょう!!

実はギターを弾きだしてから、かれこれ、40年にもなりましたが、この法則は5年前に偶然に気づきました。
調べてみると、

平行調 というもので、 Aマイナーペンタトニックと、Cメジャーペンタトニック が実はスケールの運指がまったく同じもので、フレットが3つ違っていただけだっとは…。

理論的にはこういうことらしいのですが…理解できません(泣)

 

Lesson 2-4  平行調とは?

http://www.chaco2008.com/theory/2-4_parallelkey.html

平行調とはメジャースケールとマイナースケールの関係|1分で読めるギターLifeHack016

1qNxJLr

 

 

 

 

 

 

 
https://www.youtube.com/watch?v=J2yPYcneKLw

スポンサーリンク