610 Views

RollingStonesの初カバー『Come Together』

チャーリー・ワッツの四拍目のハイハットがないだけでも独特のすきまのグルーブ。
ミック・ジャガーのボイスでまったくBEATLESっぽくないサウンドに。

ローリング・ストーンズがビートルズの「Come Together」を初カヴァー <Desert Trip>のライヴ映像がネットに – amass
http://amass.jp/79238/?utm_content=bufferc8774&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)がビートルズ(The Beatles)の「Come Together」を初カヴァー。<コーチェラ・フェス>と同じ会場となる米カリフォルニア州インディオのエンパイア・ポロ・クラブにて開催されているレジェンド・ロックの祭典の初日に出演したストーンズがライヴで初めてカヴァーしています。この日は12月にリリースするブルース・カヴァー・アルバム『Blue & Lonesome』でも取り上げている「Ride ‘Em on Down」も演奏しています。この曲のライヴ演奏は1962年以来。またこの日は、10月3日にラスベガスで行ったサプライズ公演にて26年ぶりにライヴ演奏した「Mixed Emotions」も演奏しています。

エアロスミスの『Come Together』

マイケル・ジャクソンの『Come Together』<

ジョー・コッカーの『Come Together』

リンゴ・スターのグルーブ

ジョン・レノンの『Come Together』<

ポール・ウェラーの『Come Together』