112,252 Views

佐野研二郎氏の東山動植物園ロゴが、コスタリカ国立博物館のトレースかどうか検証してみる…



【追記】2015/08/18 14:12
この記事をYahoo!個人ニュースに配信しております。追加記事なども含めてこちらを参照いただければ幸いです。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kandatoshiaki/20150815-00048517/

「今回の事態について」で謝罪している「トレース」について


※トレースではなく、Embedで掲載

デザインの一部に関して第三者のデザインをトレースしていたことが判明いたしました。

また、過去の作品につきましても、問題があるというインターネット上のご指摘がございますが、その製作過程において、法的・道徳的に何ら問題となる点は、確認されておらず、また権利を主張される方から問い合わせを受けたという事実もございません。

http://www.mr-design.jp/

これが、過去のどの作品のことを指しているのかは、これだけではわからない。

しかし、この文書
http://www.mr-design.jp/
(2015年8月15日掲載確認)はあくまでも、スタッフのトレースに関しての報告と謝罪である。そして、重要な一文として…。
「そもそも法的問題以前に、デザイナーとして決してあってはならないことです。また使用に関して曲の得られた第三者のデザインであったとしても、トレースして使用するということは、私のデザイナーとしてのポリシーに反するものです」あくまでも、佐野研二郎氏自身のトレースは皆無であることが大前提だ。

というTweetを見かけた…。気になって、東山動物園を調べると、名古屋の東山動植物園だった。
http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/index_pc.php

そして、シンボルマークはこちら

そして、デザイナー紹介として、佐野研二郎氏が個人名で紹介されている

http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/02_events/02_01events/pdf/brand_concept.pdf

そして、こちらがtwitterで指摘されているコスタリカ国立博物館のサイト

http://www.museocostarica.go.cr/

東山動植物園の緑のマーク(東山グリーン)とコスタリカのブルーのロゴマークは似ている。

実際にMacのkeynoteでトレースして検証してみる

【1】Kyenoteの【スライドを追加】で、東山動植物園のシンボルマークにペーストし、その上からコスタリカのロゴ部分のキャプチャをペーストしてみる

【2】上面にペーストされたコスタリカのブルーを【スタイル】から【不透明度】を【50%】にしてみる

【3】【配置】で【回転】を調整し、【30】で止めてみた…。手からいやな(汗)がでてきた…。

【4】コスタリカ博物館のロゴと一致。コスタリカのビットマップ拡大のにじみが気になるくらいだ。

【5】【イメージ】【インスタントアルファ】でコスタリカの外側を透明化していく

【6】うーん、これ以上はなんだか良心がとがめだすが…。
コスタリカの色を東山グリーンにつか付けてみる。
【イメージ】【調整】【イメージ調整】する

【7】コスタリカはすっかり、東山動植物園のロゴに溶け込んでしまった。

ネットでの追求力の脅威

twitterでのパクリ疑惑のイラストだけでは、その信ぴょう性を信じることができなかったが、自分なりに、オリジナルの素材を検索し、【倍率あわせて30度傾けて透過してみると】でここまで再現できてしまった。一致してきた時に、一致しないでくれと願ったほどだ。

佐野研二郎氏のトレース疑惑が本当だったら、大変なことになるからだ。
ただ、この時点ではまだコスタリカ博物館に確認がとれていないから、判断はくだせない。コスタリカ博物館側がトレースするという可能性を否定できないからだ。

東山動植物園のシンボルマーク採用が2013年だ。コスタリカがそれ以降に採用したかもしれない。

コスタリカは現在深夜の1時だ。朝になるまで待つことにしよう。
http://www.time-j.net/WorldTime/Country/CR

internet wayback machineによると…
2006年03月7日からこのロゴは確認できた。


https://web.archive.org/web/20060307041722/http://www.museocostarica.go.cr/

この記事に関連する記事