永遠の #アグネスラム は昭和のゴッデスだった…

書店でみつけた『昭和40年男 総集編』の表紙。

思わず、表紙に目が止まる…。
ほんと、あの頃の『アグネス・ラム』ほど強烈な印象はなかった…。
https://ja.wikipedia.org/wiki/アグネス・ラム



https://www.youtube.com/watch?v=mTVGx4SX5J4


現在のグラビアカラーアイドルからAVに至るまで、グラマラスなゴッデスこと、女神はいたるところにユビキタス化して偏在している。
 
しかし、アグネスラムが登場した1970年代には、ここまで、健康的なグラマラスなそれでいて、チャーミングな存在のタレントは皆無だった。
 
突如として沸いたアグネスラム現象は、日本の男性を釘付けにした。
 
なおかつ、思春期の目覚めが甚だしい、中学生にとっては、これほど熱中できる被写体はいなかった。
 
雑誌ぬグラビアには必ず特集が組まれ、カメラマンが連日ハワイ詣。
そこからCMの露出。レコードの発売。来日と歌番組出演と、リアリティが増せば増すほど
芸能人ではない普通のお姉さんだったことが浸透してくる。
 
日本語を猛勉強して日本の芸能に染まることもなく、アグネスラムブームは、夏のビキニから秋風のようにトーンダウンしていった。
 
近年では、リア・ディゾンという存在がアグネスラムに似ている。しかし、プライバシーが見え始めるとゴッデスの魅力はトーンダウンする。

https://ja.wikipedia.org/wiki/リア・ディゾン
 
海外のゴッデスは、プライバシーを見せないというルールを貫くべきなんだろう。
 
1996年のダイハツのパイザーのCMが最後。お母さんになってからのCM出演
もはやここから26年。
もう、ここからは山口百恵さんを見る想いでみてください。