Facebook、太陽光で飛ぶインターネットドローン「Aquila」のテスト飛行


実質、太陽光でドローンが飛行できれば、物理的な寿命がくるまで、インターネット回線の衛生と同様の機能を持たせることができる。
また衛生の打ち上げほどのコストがかからず、自力で飛び続けることが可能となりそうだ。

Mark Zuckerberg氏が、地球上のすべての場所にインターネット接続を提供するという目標に一歩近づいた。Facebookは米国時間7月21日、同社のインターネットドローン「Aquila」の初めてのフルスケールテスト飛行を実施したと発表した。Aquilaは太陽光で動く無人航空機だ。Facebookは6月28日、アリゾナ州ユマでAquilaのテスト飛行を実施し、低空で90分間飛行することに成功したという。「予想していた以上に効率の高い設計となった。そして、想定していたよりも低い電力で飛行した」とZuckerberg氏はThe Vergeに対して述べた。

情報源: Facebook、太陽光で飛ぶインターネットドローン「Aquila」の飛行テスト実施 (CNET Japan) – Yahoo!ニュース

Facebook Is About to Test Its Enormous Solar-Powered Drone
http://www.wired.com/2015/07/facebook-poses-test-737-sized-solar-powered-drone/

Facebookの「インターネットを届けるドローン」、テスト成功も課題は山積み

「ボーイング737」に匹敵する翼幅で、重量は自動車並み。世界中にインターネットを届けるために開発されたフェイスブックのドローン「Aquila」が、初のテスト飛行に成功した。しかし、実用化に向けて乗り越えなければならない課題もまだまだある。
フェイスブックの「Connectivity Lab」は7月21日(米国時間)、地球の奥地までインターネットを届けることを目指すソーラー発電で飛ぶドローン「Aquila」について、フルサイズ版のテスト飛行を初めて実施し、成功したと発表した。テスト飛行は6月28日に実施されたが、7月21日になって発表された。

今回の初テストの目的は、「ボーイング737」に匹敵する翼幅で重量は自動車並みという巨大なAquilaが、空を飛べることを確認することだった。

Aquilaチームのマーチン・ゴメスとアンディ・コックスによると、Aquilaは重量を最小限にするために「通常の離着陸装置」を搭載していない。「われわれは飛行機をベルト4本でドリー(台車)に固定し、ドリーを離陸速度まで加速させた。適切なスピードに到達すると自動操縦装置がそれを感知して、ケーブルカッターでベルトを同時に切断した」と説明されている。
http://wired.jp/2016/07/25/facebook-internet-drone/

この記事に関連する記事