1,089 Views

有名YouTuberって、媒体社の意識がまったくないところが良いのか悪いのか(笑)

スポンサーリンク

有名YouTuberって、媒体社の意識がまったくないところが良いのか悪いのか(笑)

広告を掲載してもらう媒体社にとっては、YouTubeは単なる代理店やプラットフォームにすぎないとおもうんだけど…。

代理店に文句行っている媒体社に、広告主は出稿したくないだろうなぁ…。

かといって、Vimeo.com に移籍したところでターゲット顧客がいない…。

だったら軍門に下るしかないのか…。

しかし、テレビを見ない子どもたちが多いことも確かだ!
番組の時間や、録画をわざわざが面倒臭い。

テレビがもっとYouTube的にならざるをえなくなっていることがよくわかる。
テレビ番組がこれだけYouTubeに流れているのだから、有料ではなく、無料でテレビのライバルを自ら作る必要がある。

その兆候が hulu.jp なんだろうね。 

しかし、子供はクレジットカードを持っていないから…。

バンダイやタカラトミーは、テレビ番組よりも、YouTuberで番組提供したほうが良いかもね!

しかし、妖怪ウォッチのような、一からオリジナルコンテンツって難しいので、やはりメジャーメディアからの派生シリーズをYouTuberで展開というのがありなのかも…。

そうすると、コミケのような二次創作可能なチャンネル枠でコンテンツを、ライセンスするのがありだろう。

クマモン方式とかトヨタの水素カーとか…。

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク