超カンタン!100円トマト缶で作るガスパチョ レシピ

Toshiaki Kanda 2013年09月05日 木曜日
0 people like this post

ガスパチョ gazpacho は、スペインの冷製スープ。

(西: gazpacho 葡: gaspacho) 

語源は、caspa かけら、断片からだとか
スペインのアンダルシア地方の夏は猛暑で、食欲を失わずに、野菜が沢山とれ、なおかつ 活動的になれるということで開発されたという。

構成要素は、トマト、玉ねぎ、オリーブオイル、塩、ブラックペパー、にんにく、さらにピクルスがあれば、フードプロセッサーひとつですぐに出来る。

100円程度で売られている完熟トマト缶だと保存も効くのでさらに便利!
ホールでもカットでも、フードプロセッサーにかけるので、どちらでも可。

そしてあればなおさら良いのが、バルサミコ酢、食パン、生クリーム。

ただ、超カンタンで行くには、包丁を使うのは玉ねぎのカットくらいにしておきたい。にんにくもペーストであれば、より時短に。ピクルスは切らないでもそのままで大丈夫。


4人前

【1】トマト缶 400ml

【2】玉ねぎ(大) 半分

【3】ピクルス 3個 ピクルス汁50ml

【4】にんにく 2かけ もしくは、にんにくペースト

【5】オリーブオイル50ml

【6】塩、ブラックペパー、少々

【7】もしあれば… バルサミコ酢少々、食パン少々、も入れて、

【8】以上をフードプロセッサーにかけて、キリキリに2時間以上、冷やせば出来上がり!たっぷり冷やしたほうが味が落ち着きます。

【9】冷えた生クリームやミルクを垂らしてどうぞ!

ガスパッチョであれば、冷蔵庫の中の残り野菜なども、綺麗に美味しくいただけます。いろんな野菜が入った方が味は濃厚になります。基本的にフードプロセッサーに入れてしまえば後は、冷やすだけ。

オリーブオイルとピクルス汁の酸味とにんにくという最高のスタミナ食材に野菜、さらにバルサミコ酢。夏の疲れが吹き飛ぶことでしょう!
バルサミコ酢は味の素の信州アルプスが安くてオススメ!

オリーブオイルの味は、値段と比例するのですが、ガスパッチョはいろんな味が混ざるので、100mlあたり100円のエクストラバージンオリーブオイルで十分でしょう。

ちなみにフードプロセッサーは、ブラウンのMR5555MCAを使っています





KNN YouTubeチャンネル登録
http://www.youtube.com/user/knnkanda


スポンサーリンク



 

 

この記事に関連する記事

Category: 料理&飲食
  • 0
  • 345
Toshiaki Kanda