391 Views

iPad 米国で3/13予約 4/3 WiFiモデル発売開始!日本は4月下旬

< left>

【News Release】

iPad、4月3日に米国で発売

3月12日から先行注文受け付け

2010年3月5日、カリフォルニア州クパティーノ、

Appleは本日、
魔法のように革新的なiPad(アイパッド)のWi-Fiモデルが4月3日(土)に、
そしてWiFi + 3Gモデルが4月後半に発売となることを発表しました。
さらに、4月後半にはiPadの全モデルがオーストラリア、カナダ、
フランス、ドイツ、イタリア、日本、スペイン、スイスそして英国で
発売となります。

本日から1週間後の3月12日から、米国のお客様はWi-Fiおよび
Wi-Fi + 3GのいずれのモデルもAppleのオンラインストア(www.apple.com
で先行注文することができるほか、Wi-Fiモデルについては、4月3日(土)
に受け取れるようApple直営店で予約することもできます。

「iPad はまったく新しい体験です。お客様がこの革命的で魔法のような
デバイスから、アプリケーションやコンテンツを、いまだかってない
快適で楽しく、直感的な方法で楽しんでもらえることに、我々はわくわく
しています。」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは
述べています。

499ドルというお手頃価格から提供されるiPadは、ウェブの閲覧、
電子メールの送受信、写真の鑑賞と共有、ビデオや音楽の視聴、ゲーム、
電子書籍の読書など、様々な用途に使うことができます。iPadは厚さが
わずか0.5インチ(約1.3cm)、重さが1.5ポンド(約680g)と、現在
市販されているどのラップトップやネットブックよりも薄く、軽い上、
最大10時間のバッテリー駆動時間を実現しています*。

iPadの革新的なMulti-Touch™インターフェイスにより、コンピュータ
よりもずっとインタラクティブで快適な、まったく新しいウェブサーフィンを
体験することができます。
iPadの大画面とほぼフルサイズのソフトキーボードでメールを読んだり
送ったりすることができるほか、Mac、Windows PCまたはデジタルカメラから
写真を取り込んで、アルバムとして整理したり、iPadのエレガントな
スライドショーで鑑賞したり共有したりすることができます。
iPadでは、映画やTV番組そしてYouTubeをすべてHDで鑑賞したり、
Appleの新しいiBookstoreから電子書籍をダウンロードして、自分の
音楽コレクションを聴きながらページをめくるといったことが簡単にできます。

iPad上のApp Storeからは、世界最大のアプリケーションストアから新しい
アプリケーションをワイヤレスで閲覧、購入、ダウンロードすることができます。
iPadにはiPad専用に設計された12の新しい、革新的なアプリケーションが
含まれているほか、すでにiPhoneまたはiPod touchのために購入した
アプリケーションを含め、現在App Storeで提供されている15万種類の
アプリケーションのほとんどすべてを利用することができます。デベロッパは、
iPadのMulti-Touchインターフェイス、大画面そしてハイクオリティーな
グラフィックスを利用した素晴らしいニューアプリケーションをiPad用に
作り始めています。

新しいアプリケーションであるiBooks app for iPadにはAppleの新しい
iBookstoreが含まれています。これはモバイル製品で電子書籍を閲覧、
購入し、読むための最良の方法です。
iBookstoreには、Hachette Book Group、HarperCollins Publishers、
Macmillan Publishers、Penguin GroupそしてSimon & Schusterなどの
大手出版社や独立系出版社からのNew York Timesベストセラーリスト
からの書籍が揃えられています。

iTunes Storeは、1,200万曲以上の楽曲、55,000本以上のテレビ番組、
そして8,500本以上の映画(うち2,500本以上が美しいHD映像)を取り揃えた
世界で最も人気のある音楽、テレビ番組、映画のオンラインストアへの
アクセスをiPadユーザに提供します。App Store、iTunes Storeそして
iBookstoreからダウンロードしたすべてのアプリケーションとコンテンツは、

次にコンピュータに接続したときに自動的にiTunesライブラリに同期されます。

【価格と販売について】
iPadはWi-Fiモデルが4月3日に米国で販売開始となります。希望小売価格は、

16GBモデルが499ドル、32GBモデルが599ドル、64GBモデルが699ドルです。
Wi-Fi + 3Gモデルは4月後半に販売開始となります。希望小売価格は16GBが
629ドル、32GBモデルが729ドル、64GBモデルが829ドルです。
iPadは米国ではオンラインのApple Store (www.apple.com)、Apple直営店、
そして対象となるiPad取扱販売店を通じて販売されます。

iPadは、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、
スペイン、スイスそして英国では、Wi-Fiモデル、Wi-Fi + 3Gモデル共に
4月後半に同時に販売開始となります。
各国での販売価格は4月に発表されます。iPadは今年後半にはその他の
国々でも販売される予定です。

AppleのiBookstoreを含むiBooks app for iPadは、米国で4月3日に
App Storeから無料ダウンロードとして提供され、今年後半にはその他の
国々でも提供が始まります。iTunes Storeからの楽曲とビデオの購入
およびダウンロードには、購入地の金融機関が発行した有効なクレジットカードが必要です。
ビデオの提供は国により異なります。

Wi-Fiモデルは全世界一斉販売で、日本が時差の関係で一足早くという予想はすっかり、はずれてしまい。

日本は一ヶ月遅れでの発売ということに。

Wi-Fiはまだ確信できるけど、3Gはどういう契約形態で発売されるのか?

4月下旬なんて、あっという間にきてしまう…。Wi-Fi + 3Gモデルが4月下旬にというのは少し嬉しいのかも…。

気になるのは、通信費。 iPhoneとiPadを契約するとどんな通信プランになるのか?

それらも気になる気になる…。


この記事に関連する記事