763 Views

iPhone6 4.7インチ版は2014年8月、5.5インチor5.6インチ版は9月発売予定

スポンサーリンク





WWDC(2014/06/2-6)が近づいてくると、アップル周りが、毎年のことながら、忙しくなってくる。

ここ最近は、噂レベルではなく、リリースに近いような情報なので、このあたりの情報はウォッチしておいて損はない。しかし、早くわかりすぎて、年々、つまらなくなるのだが…。

米ロイターは、台湾の経済日報からの情報として、

  1. iPhone(アイフォーン)6」を8月に発売すると報じた。
  2. 8月に発売になるのは4.7インチ版のiPhone6。どの国で最初に発売になるかは不明。
  3. 5.5インチ版もしくは5.6インチ版は9月に発売になるという。
  4. 同紙によると、今年は8000万台のiPhone6が製造される見通し。
    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0DP05S20140509

この4点の情報だ。

この4点を整理すると…
1.iPhone6が8月に登場ということは、新OSの「iOS 8」も一ヶ月早く、登場となることだろう。このあたりは、WWDCで詳細が発表されデベロッパー(開発者)に渡されてからフィードバックを得る期間が、出荷までの2ヶ月弱という短い期間だ。大幅なアップデートがないからこそ実現できる期間だと思える。実際にインストールベースを考慮すると一ヶ月弱しかない。その後のアップデートで対応できるから、それほど大きな問題ではないだろう。かつてのWindowsXPでのSP3時代とはちがって、パッケージで配布する必要はない。

2.まずは、現行の工場ラインから作りやすい4.7インチ版というのは妥当なところだろう。しかし、iPhone5Sからの、買い換えを喚起するものではなく、それ以前のiPhone4 や iPhone4Sユーザーからの買い替え需要が予測される。
 だからこそ、すこしでも先行で発売し、メインのファブレットサイズの需要の混乱を緩和したいのであろう。

3.しかし、本命は9月に予定されている大型化するスマホ版ファブレットともいえるこの5.5インチor5.6インチ版だ。あくまでも仮定の話だが、既存の4.7インチで問題がない、2年縛りが終わって通常に使いたいユーザーと、最新機能を欲しがるユーザーとの混雑を分けたいだろう。
 デザイン的には、iPhoneとiPad miniとの間というスティーブ・ジョブズが長年否定していたサイズであるが、現行のニーズを考えると、時代のマーケティングの声にアップルが答え始めたという傾向が見えている。市場のニーズを無視して唯我独尊的ニーズを発展させてきたアップルとしては、後出しジャンケン的なマーティング展開は非常に残念なところだ。

4.今年度は、8,000万台のiPhone6の出荷を予定しているということは、Appleの第四四半期内(2014年7,8,9月)での出荷なので、売上高の期をまたぐ調整などではなく、純粋に生産量の調整のためと考えることができる。

今回のiPhone6は、5.5インチor5.6インチ版の登場によって、ボクのように、Galaxy Note II(5.5インチ)やGalaxy Note III(5.7インチ)の大型化に流れたユーザーもiPhoneへ回帰する可能性が高い。

実際に、このサイズ感に慣れてしまうと、5インチ以下のスマホは、もう触りたいとは思えないのが実情だ。

【関連情報】

 

 

スポンサーリンク




この記事に関連する記事