465 Views

JALがポンタと共通ポイントプログラム提携強化!9,571万人規模?

スポンサーリンク





JAL(日本航空)がポンタ(三菱&ローソン系)と共通ポイントプログラム提携強化!

JMB日本地区の会員は約2400万人、海外地区は約300万人

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ010DR_R00C14A5TJ2000/

日本航空は共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する三菱商事の子会社のロイヤリティマーケティング(東京・渋谷)とポイント交換プログラムで協力関係を強化する。現在は両社の提携クレジットカードを持つ人に限って日航のマイルとポンタを相互に交換できるが、より幅広い人がマイルとポイントを交換できるようにする。

ポイント交換のプログラムだけではなく、より強固な共通ポイントの動きが見えてきた。

これでANA(全日空)の選択肢としては、JAL&ポンタと対抗し、Tポイントとの関係強化とくることだろう。
マイレージも含めてのポイント合戦がますます盛んになると思われる。

JAL(2,400万人)とポンタ(7,171万人)と、もし統合化というハナシがあれば、9,571万人(のべ人数)の会員となる可能性がある。

ANA(2,100万人 2011/11)とTポイント(7,200万人)と、統合化したとすると、9,300万人(のべ人数)の会員となる。

ポンタ 7,171万人(ポンタ 6,171万人+リクルート1,000万人)、
Tポイント 7,200万人(Tポイント4,500万人ヤフーポイント2,700万人)、
楽天スーパーポイント 9,000万人(楽天市場会員のポイントがRポイントで街へ)

リクルート&ポンタ、Tポイント、共通ポイントカード戦国時代http://bylines.news.yahoo.co.jp/kandatoshiaki/20140430-00034910/

2015年、リクルートポイント(1,000万人)、ポンタ(6,171万人)と
統合で7,000万人会員
1mWbQZc

スポンサーリンク




この記事に関連する記事