2,048 Views

JINS MEME ジンズのミームは新たなウェアラブルメガネを創った!

スポンサーリンク





メガネ型のウェアラブルは、どうしても、グーグル・グラスかけてます!感のアピールが強すぎて流行らないだろう。ビデオやカメラの装備があるだけで、グーグルグラスご遠慮くださいと禁止される場面も増えてくるだろう。

いや、少なくとも、ガジェット好きなボクでもしたくないほどだから、普通の人はいないだろう。特に日本人は。

本日、2014年5月13日 JINSが発表したMEME(ミーム)は少し様相が違う。
https://www.jins-jp.com/jinsmeme/

普通のメガネに見える。もちろん、JINSはメガネ屋さんだ。しかしPCのブルーライト削減や花粉メガネなどの機能メガネに取り組んできた企業だ。

きっとグーグル・グラスもレイバンと提携したのは、メガネ屋さんのノウハウやデザインが必要だったからだろう。

このJINS MEMEは、飯櫃なディスプレイなどは一切ついていない。しかも情報端末というよりもセンサー付きメガネとして認識したほうが良いだろう。
もちろん、カメラもない。だから、普通のメガネに見える。

この普通のメガネに見えるということは、ウェアラブルにとって、一番大切な要素だ。

サイトを見ると、 「疲れや集中度が見える」「数分後の眠気が見える」「コンディションが見える」とある。あくまでも「体調の見える化」に取り組んでいる。

https://www.jins-jp.com/jinsmeme/about/

 開発者用のAPIも用意され、下記のデータが処理・活用できる。

       データ
・瞬目
・瞬目の時間
・視線方向(8方向のそれぞれVV/VH閾値データ)
・3軸ジャイロセンサーデータ / 3軸加速度センサーデータAPI
API

・精神疲労度

・眠気
・歩数/速度
・カロリー
・姿勢

これだけわかれば、思い浮かぶのは、ウェブサイトのどこをどう見ているのかの「ユーザビリティテスト」ができそうだ。
「meme対応サイト」があれば、見ている人のアイボール行動のアンケートに登録するなんてこともできそうだ。

もちろん、ゲームだって。ボクはやらないから興味ないが…(笑)。

詳しい、詳細はこのウェブだけだと推測が難しいが、機を狙ったものではなく、「メガネにIT機能をつけたら何が必要なんだろう…。」をしっかりと追求した感がある。

以前にこんなコラムを書いたことがある…。

手元にはスマホがあるので、GPS機能はいらない。ライフログをグラスでやる必要はない。 モニタ機能は本当にいるかどうかわからない。目の前のモニタよりも、手元のスマホのほうが便利ではないだろうか?どうしても手元が使えない工場の人や病院の人、むしろ、モニタ機能は特殊な職業用のグラスになると考えられる。


「グーグルグラスがレイバンやオークリーになる日がやってくる」
  1gzp3Ew

 

JINS MEME の重量は36g  

このボクのレイバンのアビエイターが33gだから、+3gだ。

これならば、実装してもまったく問題ないだろう。

Google Glass は、手元のハカリで43.8g ある そうだ。

顔面にあるもので10g重量が変わると大きい!

JINS MEMEは、ボクのアビエイターにスジャータのコーヒーフレッシュ(3g)をのせたくらい。

Google Glass はボクのアビエイターに100円玉(5g)を2個のせなければならない。

 

メガネが自分の体調を「見える化」してくれる。それだけでも十分に体験してみると、いろんな自分が見えてくることだろう。
あくまでもセンサーとしてのメガネで見える化はスマホというスタイルはとても良いと思う。

 

気になるのは、発売時期とお値段だ。

勝手に予測だと、2014/07/1 くらいの初夏。
お値段 19,800円くらいかな?

※なんと、スマートフォン向けアプリと連携するこのセンシングメガネは、2015年春発売。開発者向けに2014年秋にもAPIを公開予定です。  
http://japanese.engadget.com/2014/05/12/jins-meme-api/

 だそうです…。

 

 

【関連情報】
なにこれすごい! メガネに疲れや眠気を可視化するセンサー内蔵 スマホとも連携する「JINS MEME」登場
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1405/13/news062.html

 三点式眼電位センシング技術で疲れや眠気を可視化するメガネ「JINS MEME」来春発売、秋にもAPI公開
http://japanese.engadget.com/2014/05/12/jins-meme-api/


スポンサーリンク



 

この記事に関連する記事