タグ: ダレノガレ

世界初!充電器 グローバルシェアサービス 「チャージスポット」の持っているけどシェアしたくなるの理由

スマホの充電器って、必要なのは、電池が無くなってからである。
最近は大容量の電源もあり、本当に充電器が必要な時ってどれだけあるか…。

しかしだ。いざという時にこまるから、ずっしりと重たい充電器を持ち歩く。

しかし、都心で1時間だけ借りる、48時間だけ借りるなんてことができたら、持ち歩くよりもシェアしたほうがよくないだろうか?

設置店舗も、来客が促進でき、必ず返却にあらわれる。
つまり、二度も設置店舗に足を運ぶこととなる。

充電器のシェアでもありながら、充電器を必要とする属性の顧客をシェアすることにもつながるのだ。

すでに、市場に溢れているスマホ充電器をシェアするという事業。
一瞬、ニーズがあるのかと思ったが、外国からわざわざ持ってきて、1日中持ち歩く必要もない。家からできるだけ身軽でありたい。

中国のような傘のシェアリングよりは、雨がふって、コンビニで買って捨てても、問題ないが、スマホの充電器をコンビニで2000円以上も出して購入するのは気がひける。
それがワンコイン、ツーコインで借りられるのならば、つかってみたいと思う。

そう考えると、この自分も持っているけれども、普段は使わないもののシェア事業の拡大はさらにいろいろと考えることができそうだ。