2,341 Views

2015年4月10日、新宿・伊勢丹にApple WATCHを見に行こう!

@nobi の日本語表示のAppleWATCH 最速レポート!

Apple Watch will also be available to preview or try on at Galeries Lafayette in Paris, Isetan in Tokyo and Selfridges in London on April 10. Apple Watch will be for sale on April 24 at these select department store shop-in-shops, and at boutiques in major cities across the world including colette in Paris, Dover Street Market in London and Tokyo, Maxfield in Los Angeles and The Corner in Berlin.
http://www.apple.com/pr/library/2015/03/09Apple-Watch-Available-in-Nine-Countries-on-April-24.html

AppleWATCHは、パリのパリのギャルリー・ラファイエット、東京の伊勢丹新宿本店、ロンドンのセルフリッジスなどの高級百貨店でプレビューを2015年4月10日から開始します。そして、Apple Watchは、2015年4月24日からこれらの高級百貨店、パリのコレット、ロンドン、東京のドーバーストリートマーケット銀座(DSM Ginza)、ロサンゼルスのマックスフィールド、ベルリンのリビング・コーナーなどで販売される。

高価な、Apple WATCHや、Apple EditionをApple Storeで青いTシャツで、立ちっぱなしで販売するという偉業は、さすがのApple も敬遠した。

2015年4月10日には、東京伊勢丹にApple WATCHを見に行こう!

筆者の予想が的中だった!

AppleWATCHのお求めは世界の有名百貨店で!

そう、240万円もする時計を買いたい時に、人は時計の専門店か百貨店で購入するのではないだろうか?

つまりApple WATCHのEDITIONモデルは、世界の有名百貨店、ハロッズやボン・マルシェ、オ・プランタン、ブルーミングデールズ、メイシーズ、ノードストロームなどの有名百貨店や、有名時計店のトルノーなどの提携が発表されるのではないだろうか? 当然、日本の百貨店や銀座和光クラスとも水面下で交渉されていると考えるのも不思議ではない。

そう、Appleのライバルは、少なくともApple WATCHの場合は、GoogleやSAMSUNGやLGやSONYやMicrosoftではなく、TAG HEUERやOMEGA、BREITLING、ROLEXなどの時計ブランドなのである。そこの市場だけではなく、Appleが、テクノロジーをベースとした時計ブランドの戦略で考えれば、帽子のCHANELや旅行カバンのLOUIS VUITTONや馬具のHERMES、万年筆のMontblancが時計を販売するのと同様に、コンピュータや電話を作っていたAppleというブランドが時計をだしただけという解釈もできるのではないだろうか?

 

Apple WATCHはどこで買う?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/kandatoshiaki/20150305-00043552/

 

 

 

この記事に関連する記事