LGの84インチTVを”窓”にするという発想

Toshiaki Kanda 2013年09月05日 木曜日
0 people like this post

LGの84インチTVを”窓”にするという発想

YouTubeを活用した企業の「CM」とは、テレビでの「コマーシャル・メッセージ」ではなく、ユーザー間での「コミュニケーションメッセージ」の意味へと変化している。

84インチものテレビがリビングにあるとそれだけで存在感がありすぎて、大変だけど、それが窓にあればどうだろうという気分にさせてくれるのがこのCMだ。

ほとんど演技だと考えられるが、実際にこのイタズラは仕掛けて見ると楽しそうだ。

他人のオフィスで窓の景色にそれほど気を使う人はいないから気づかれにくい。

いや、本当に気づかないほどの画質だったのかもしれない。
人は、テレビを窓として、認識できるかどうかにかかってくる。そうなると、大型テレビ、いや窓型テレビに必要なのは、窓にふさわしいコンテンツだ。4K 8Kの世界の景色のいいオフィス映像、自然の画像、ライブな景色。
没入感を感じさせるコンテンツが必要となってくる。
当然、窓のニーズならば開けられたり、防水機能、日光が通過できるなどいろんな技術が必要となる…。

新しいテレビという「窓」の使い方を考えさせられる映像コミュニケーション・メッセージだった。

 

KNN YouTubeチャンネル登録
http://www.youtube.com/user/knnkanda

LGのモニターは窓にもなるが、この発想で考えると、エレベーターの床にもなるという実験。映像が鮮明でリアルになると奥行きまで感じるのだろう…。

LGの映像を見ていると、CMを見るよりも、物欲を刺激してくれる。
この映像だけで、時計好きは気になって仕方が無くなる。
LGの時計をしたいとは思わないが、フェイスが変化する時計は気になって仕方がない。


スポンサーリンク



この記事に関連する記事

Tags: , ,
Category: youtube, 広告
  • 0
  • 310
Toshiaki Kanda