なぜにMNPのナンバーは15日間なのか…113 229 7740

Toshiaki Kanda 2017年10月25日 水曜日
0 people like this post

電話番号を交換するために、
MNPナンバーを取得するのに20秒ごとに10円課金される。

延々と待たされるこの状況を総務省はどう考えているのだろうか?

113 229 7740

待つこと、10分弱、この番号を取得するのに300円課金されている…。

しかも、番号は、電子メールあてに明日か明後日送付するという…。

待てど暮せど送られてこないので、電話してみると…、すでに送ったという。

口頭でMNP予約番号をもらった。

しかし、なぜか15日間しか、MNPの引っ越しができない。
選挙期間ではないんだから(笑)

週に一度休みの人だと2回しかチャンスがない。 

なぜ、こんな期間設定を総務省は認めているんだろう?

MNP転出は顧客の自由にすべきだろう。いつでも、好きな事業者へ乗り換えられてこそ、
通信の自由化だと思う。

BIGLOBE MNP転出窓口(10:00~19:00 365 日受付)
電話番号:
0120-983-028

MNP予約番号の有効期間は、予約日を含めて15日間です。有効期間内に転出先の通信事業者の手続きを行ってください。

しかし、音声通話は、もうほとんど必要としていない。SMS認証のためだけにキャリアの音声通話を残しているようなものだ。
しかし、LINEの本人確認とコードジェネレーターが登場すれば、キャリアの音声電話は、ほとんど必要なくなる。

音声回線がなければ、データSIMはかなり安くなる。

ちなみに、IP電話にすれば、世界のどこでも、日本の中の電話として利用できる。しかも、IP電話同士だと無料だ。

ボクの契約しているのは、mineo の lala call
http://lalacall.jp/mineo/

30秒8円 1分16円 3分で48円 5分で80円 10分で160円 30分で480円 1時間960円
だいたい、アルバイトの時間給のイメージだ。

月額基本料金は、108円(税込み)
電話で使った時に、毎回、Docomo電話と比較してどれだけ節約できたか表示してくれる。
さすが、関西のケイオプティコム。 東京からの契約で、クアラルンプールから日本に電話をするのに使っている。

この記事に関連する記事

  • 0
  • 368
Toshiaki Kanda

KNN