41 Views

武蔵野銀行 しゃべるATM、将来こんな自分の一生をみつめてくれるAIのATM登場するかも!

スポンサーリンク

Siriも、OK Google もコルタナも、気の利いた自分にカスタマイズした心に響く言葉はまだしゃべれない。

しかし、この武蔵野銀行 しゃべるATM のCMを見ていると、合成音声で語られる時代がいつかやってきそうになることがイメージできる。
コンピュータに語られるから、プライバシー問題あまり気にしないで済む。
人の命は短いけれども、ATMがご先祖のことばを教えてくれるかもしれない。

そう、リアルなお金にまつわる時には、ATMはいつもそばにいる…。少なくとも2017年の現在は。あとキャッシュを持ち歩くのは数年になるから今のうちにこの記憶は残しておいたほうが良い。

自分が死んだ時には、ATMはキャッシュではなく、ご先祖の礼拝のような場 Praying Room になっているかもしれない…。

【武蔵野銀行CM】「つながる毎日」編

【武蔵野銀行CM】「2つの人生」編

Pepper導入事例 株式会社 武蔵野銀行さま

セキュリティを強化したワークスタイル変革による武蔵野銀行様の新たなる挑戦

この記事に関連する記事

スポンサーリンク