585 Views

NETFLIX 2015年9月2日日本上陸!

Netflixは8月4日、同社の定額制動画配信サービス「NETFLIX」の国内向けサービスを9月2日に開始すると発表した。料金は未定。NETFLIXは世界50カ国以上で6500万人以上の会員を抱えており、今秋発売を予定する各国内メーカーの4Kテレビのリモコンに「NETFLIXボタン」を設置することでも話題になっている。

情報源: ITmedia LifeStyle

ついにNetflixが2015年09月2日に開始することを発表した。


https://www.facebook.com/netflixjp
https://www.netflix.com/jp/

秋に発売される4Kテレビには、「Netflixボタン」がリモコンに設置されるという。地上波放送局としては戦々恐々と思いきや、Netflixは視聴率に変化がないから営業的には、まずは問題がない。あくまでも視聴率は、調査世帯での占有率だからだ。

しかし、視聴率は変わらなくても、テレビ離れはさらに加速することだろう。
速報合戦やニュース特集、スポーツなどの生番組でしか差別化できなくなる。ドラマやバラエティでは生試聴する人が、ほとんどいなくなるだろう。

筆者は、Netflixの定額試聴サブスクリプション型ビデオオンデマンド(SVOD:定額制のVOD)には若干、否定的だ。一部のマニアックなユーザーには、好まれるかもしれないが、いつでも試聴できる安心感を一度手に入れてしまったら、見るべきものしか見ないという現象にいきつくと思うからだ。

すでに、テレビの見るべきものは自動で録画され、自動で毎週上書きされている。それを試聴するだけでも日々、大変だから、新たに定額見放題が登場したとしても日本ではあまり影響がないと思われる。ネットのニュースでニュースのトピックも知っているのでテレビを見なくてもあまり影響がない。
しかし、便利で楽しいものは出来る限り受け入れたい。料金がいくらになるかだ。1000円以上にならず900円代とかだと思うが、500円以下で出せばブレイクする可能性は十分だ。日本のビジネスマンの1日の昼食代金であれば気にする価格ではない。500円だと、比較するサブスクリプションモデルも少ない。音楽や電子書籍がライバルだ。

基本的にエンタメサブスクリプションモデルは暇つぶしツールだ。
その中で一番割安で、一番長時間、暇つぶしができることが重要だ。

NETFLIXが米国で人気の理由

NETFLIXが、米国で人気を得た理由のひとつは、高額なCATV料金があったからだ。一般家庭はどこかのCATVに加入して試聴している。地上波がつまらないからだ(笑)。地上波だけを見ている世帯がマイノリティーかもしれない。そのCATVよりもNETFLIXの方がいつでも試聴できるのだから乗り換えたくなる。レコメンドも素晴らしい。誰がどの番組をどこまでみているのかをNETFLIXは知っている。テレビ局は放送電波のタレ流しで視聴者の行動は掌握できていない。NETFLIXがあれば、「録画」するという概念も不要だ。いつでもクラウドからストリーミング視聴できるからだ。

日本は地上波大国

しかし、日本は世界でもトップクラスの地上波大国だ。どこまでNETFLIXが食い込むのか?そこが楽しみだ。日本の場合、テレビでは放送されていなかった、ニコニコ動画やYouTuberコンテンツもNETFLIXのチャンネルのまま視聴可能とかのオプションが必要となることだろう。

 


東芝REGZAに搭載されたNETFLIXボタン
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/rt/20150212_687793.html

 

ネットフリックス、9月に日本で動画配信 定額で見放題
http://www.asahi.com/articles/ASH835HKFH83UCVL025.html

ネットフリックスと組んだのは、フジテレビが生き残るためだ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150719-00010000-newspicks-bus_all

フジ提携のネットフリックス、その真意とは
トップが予言する、既存テレビの長期的衰退
http://toyokeizai.net/articles/-/61687

この記事に関連する記事