450 Views

「セグウェイ返してください!」キャンペーン

セグウェイを道路で走っただけで、日本では、罰金50万円という結果が4月8日の新聞社からの取材で知りました。

本人に通知するよりも先に新聞発表するんですね。起訴されたあとの「略式命令」の通知はP1 P2 P3 は、翌日(4月9日)の文書で東京簡易裁判所より届きました。
しかし、6月の中旬をすぎても証拠物件として下記のものが押収されたまま、未だに返してもらえません。

なんとも変な放置国家です。 警視庁の担当部署への連絡をとっても連絡がつながりません。
貴重な人命をたくさん奪っている三菱ふそうの車は何万台も、公然と公道を走っているのに、5km程度でトロトロ走ったセグウェイが、すでに10ケ月も証拠物件として押収されているのはどうにも理解ができません。

罰金刑が確定した現在にいたっていても証拠物件を押さえている必要性はどこにあるんでしょうか?
そこで、国家権力を相手に法的に戦うのでは時間も費用ももったいないので、blogを使って民主的に意見を述べたいと思います。

証拠物件として押収されてからすでに10ヶ月も経過しているにもかかわらず、未だに返してもらえませんので、下記の文面で警視庁あてにセグウェイのレンタル料金を発生させました。イベント定価で1日あたり20万円で請求して換算しました。

配達証明文書で6月23日に発送しました。
押収文書を見ていただくとわかるのですが、会社の登記簿謄本なども10ヶ月ちかく手元にないので、本社の移転手続きや税金未納など新たな犯罪を国家権力によって助長されています。会社としても登記簿謄本が手元にないままで、どうやって銀行とつきあえばよいのでしょうか?
迅速なる証拠物件の返還をここに要求いたします!

レンタル料金もすでに発生していますので、ご注意ください!

内容証明文書

————————————————————–

警視庁本部 警視総監 殿

件名 : 交通捜査課の件でのご請求につきましてのご説明

拝啓、警視総監殿。

アメリカの電動2輪車「セグウェイ」で書類送検されたKandaNewsNetwork,Inc.
の代表取締役 神田敏晶と申します。

4月8日付で東京都簡易裁判所の裁判官、藤元由起子氏より、略式命令(平成16年(い)31074号)で罪状が確定したにもかかわらず、昨年の2003年、8月22日と24日に押収された証拠物件(添付資料)が、6月22日、現在に至っても未だに返却がなされておりません。

また、それについての説明も一切ありません。

御庁において、証拠物件が10ヶ月も経過しながらも未だに返還されない正当な理由をお教えいただきたいと同時に、正当な理由がない場合は、

6月1日より、弊社の規定のレンタル料金を発生させており、ここにご請求申し上げます。
内容に関して疑問および相違がある場合は至急ご連絡ください。
御庁の担当者からの迅速なる対応を期待しております。

KandaNewsNetwork,Inc.
代表取締役 神田敏晶 090-7889-3604

 

—————————————————————

現在、TypepadでのTrackBack機能とコメント機能が動作しておりません。
キャンペーンのご協力の際は、
こちらのトラックバックをご利用ください。
http://blog.livedoor.jp/kandaknn/tb.cgi/3026337
サイトはこちらです。

 

この記事に関連する記事