163 Views

プレミアムフライデー 魔の15:00-18:00 飲食店の恐怖 月末金曜日の売上は?

スポンサーリンク

プレミアムフライデー 魔の15:00-18:00 飲食店の恐怖 月末金曜日の売上は?

確かに、お昼の15時からすぐに飲みに行こう!という人がどれだけいるのか?
たしかにそうだ…。いやボクは飲み始めるけれども、もう19時くらいには出来上がってしまって、月末金曜日の夜遅くまでという飲み方はしないかもしれない。

会社近くの飲食店がいろんなプレミアムフライデーサービスをしかけているのは、売上減への対応という見方もできるのか…。

さあ、プレミアムフライデーまであと数時間だ!


❏外食業界に詳しい外食広報会の栗田朋一代表は「午後3時に会社が終わったら、すぐ飲みに行こうなんて人はいるはずもなく、家族がいる人なら帰ってしまいます。

❏土日を合わせて旅行する人もいるでしょうし、たくさん食材を買ってきて、ホームパーティをやる人も多いと思います。

❏いずれにしても会社近くの飲食店は『素通りしてしまう』と危機感を持っているのです」と説明する。

❏月末の金曜日は「稼ぎ時」 1.5倍の売上が吹っ飛ぶ?特にオフィス街の飲食店にとっては、今月末の金曜日は多くの会社が「給料日」ということもあり、「稼ぎ時」である。

❏本来ならば、通常日の1.5倍以上の売上が見込めるという。仮に、それが大幅に減るとなれば、衝撃が大きいのも納得できる説明である。特に、都内の丸の内、大手町、京橋、日本橋、銀座周辺の飲食店では、危機感が強い。というのも、政府のイベントや活動に協力的な経団連に所属する大企業の客が多いからだ。

❏実際、「金曜の夜、普通に営業していれば客は来るのに、政府は何てことしやがるんだ!」「何で月曜にやってくれないの?」との本音の声が聞こえている。

情報源: プレミアムフライデー、オフィス街飲食店は「大迷惑」な理由 (ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク