こりゃ事故するわ!プリウス乗りの高齢ドライバーが前進と後退を間違える理由

なんとこんなシフトデザインでは、ミスするだろう!

運転上の操作ミス、16.8%

プリウス乗りの高齢ドライバーが前進と後退を間違える理由

後ろに進むのに右前

前に進むのに右後ろ

これは、絶対に、シフトのデザインが興した事故だわ…。

昔のシフトのつもりで、後ろに入れると進むんだから…。

どうして、こんなUIに変えてしまったんだろう?

新しいクルマと古いクルマの双方に乗っていたら絶対に混同してしまう。

トヨタ自動車の広報さんに聞いてみたい…。

クルマのシフトレバーも、キーボードのように、ローマ字変換やJIS入力とか、好きな方をチョイスできてもよいのかも…。

しかし、レンタカー借りた時に説明に時間がかかりそう。
それでなくても、いろんなビープ音がなるクルマが多くなっているし(笑)。

この間もライトの付け方がわからなくて、レンタカー会社に確認したくらい複雑になっている。

マニュアルの頃のクセでついついシフトをバックに入れて、後ろを見たら、前に走るなんて…びっくりするだろうなぁ…。 後ろに入れた時しか音がしないからよけいにわからないのかも。
前に走りだす時の、エンジン音に変わるSEがいるのかもね。

スマホのシャッター音のようなものが…。


こちらはプリウスのシフトレバー。左下にB(ブレーキ)、右下にD(ドライブ)、右上がR(バック)という配置になっている。

情報源: プリウス乗りの高齢ドライバーが前進と後退を間違える理由がついに判明 | netgeek

この記事に関連する記事