702 Views

【real3.0】日本のベンチャー「LIVE3」のチケットマッチングシステム。ロンドンのYPLAN のクローンビジネス

スポンサーリンク





【real3.0】インターネットの本質は「不特定多数とのマッチング」機能

ネットとリアルの融合は、「ウェブ3.0型社会」でも紹介してきたが、さらに日本の場合は、スマホと人口が密集していることにより、さらに加速してきている。デフレからの脱却、2020年東京オリンピック、少子化、グローバル国際化といろんなビジネスチャンスと危機のメルティングポットの時代だ。

今、特に、第一次ネットベンチャーを知らない経営層の伸びがすさまじい。彼らは、歴史的にネットベンチャーの本質を体感している。第一次はネットを後天的に知っているだけの期待値が多く、経験値が低かった。
第二次ネットベンチャー創業者は、すでに小学校時代からPCでネットを使い、中高でスマホに触れてきている世界でも先進的なネット創業者だからだ。

本日、紹介したいのが、このチケットのマッチングシステム。

決済手段もなく、チケットのキュレーションも手探りだという。
しかし、それでも起業して稼働するアプリをリリースしている。
そう、大事なのはユーザーを早期に50万人獲得できれば、あとは、相手から擦り寄ってくるからだ。そして、データの提供を受ければ、自動的に10%のコミュッションが入手できる。

日本のベンチャー「LIVE3」 のチケットマッチングシステムhttp://live3.strikingly.com/

【マッチング層】

「今夜のイベントを探しているユーザー」
 × 
「24時間以内にイベントチケットをさばきたい事業者」

 

【市場】

音楽市場    4,400億円 (世界 1兆8,000億円)日本は24.4%シェア
ライブ市場 3,500億円 (都内1,700億円)
国内スポーツ演劇市場 1兆5,000億円

【社会的問題解決】
当日、空いているチケットの機会損失を無くす

【ビジネスモデル】
売買金額の10%手数料

LIVE3創業者の手島社長プレゼンテーション。お見事!

【戦略ポジショニング・マップ】

ロンドンの YPLAN のクローンビジネス
http://yplanapp.com/

「今日何しよう? を解決してくれるサイト」
http://blogos.com/article/84016/

・米国ではなく、都心中心交通機関発達都市ロンドンを見習った

・渋谷の街頭ビジョン 1日の外来者数は、5万人に掲示可能
・ユーザー数50万人でアクティブ5万人になれば、渋谷の街頭ビジョンと同効果。さらに、アクイジションまでが可能。街頭ヴィジョンはさらにアクティブになるには脱落率が高い。

 

非常に参考になるインタビューだった。

ありがとね! 
TechCrunch
http://jp.techcrunch.com/ 

 


スポンサーリンク



この記事に関連する記事