アンビエント広告 環境にフィットした広告らしい?

Toshiaki Kanda 2014年09月18日 木曜日
0 people like this post

博多駅と駅に直結した商業施設「アミュプラザ博多」で、九州地区で初めて生活環境に溶け込む広告、アンビエント広告を展開する。「アミュプラザ博多」では、ベンチや天井、ショーウィンドウなどに広告が登場。広告内の検索ワードをYahoo!検索することで、そこでしか見られないコンテンツを閲覧できる。

引用元: ヤフー、博多駅でアンビエント広告を使用した「絶体絶命キャンペーン」実施、武井壮さんが動物の反撃で「絶体絶命」に.

アンビエント広告を画像検索したみた…。あぁ…こういう広告、最近よくみかけるようになりました!

絶対領域広告もアンビエント広告なんだろうなぁ…。

s-logo

 

こんなテクノロジーを駆使した広告ディスプレイは、次の広告主はもっと奇抜なことをやらないとダメになりますねw

Apotek Hjärtat – Blowing in The Wind from Ourwork on Vimeo.

 

ハエなのに、広告タグをつけると、可愛くなる♡

人間が、マックフライに群がっている。でも、うまく黄色のサインとマッチしている! こういう溶け込み感は重要ですね。ただ、道路の標識に広告が及んで道路交通法的に問題なかったんだろうか? それだったら、信号の上とかにもいっぱい屋外広告つけられるはず。信号なら、脇見運転にならないし。


速乾性のマニキュア! アイデア秀逸!


いろんな発想が湧いてきます!


ビール飲みたくなるなぁ…〜!

この記事に関連する記事

Category: 広告
  • 0
  • 459
Toshiaki Kanda