SUNTORY ROLLING HOPを飲んでみた!一体どんな飲料なのかの期待感高まる!曲はストーンズの「Rocks off」メインストリートのならず者

Toshiaki Kanda 2012年06月22日 金曜日
0 people like this post


< href="http://knn.typepad.com/knn/2012/06/suntory-rolling-hop%E3%82%92%E9%A3%B2%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%BF%E3%81%9F%E4%B8%80%E4%BD%93%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%AA%E9%A3%B2%E6%96%99%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%81%AE%E6%9C%9F%E5%BE%85%E6%84%9F%E9%AB%98%E3%81%BE%E3%82%8B.html" send="true" layout="button_count" width="200" show_faces="true" font="">

Clip to Evernote

SUNTORY ROLLING HOPを飲んでみた!
一体どんな飲料なのかの期待感高まる!

CMで、あのローリング・ストーンズのベロベロマークがあふれ、ストーンズ風の楽曲が流れる…。

それから気になっていた。CMではどこのメーカーなのかも記憶に残らなかった。

すでにYouTubeでも見ることができる。

※なんと、BARのマスターはCHARさんじゃないか!ギター弾いてほしかったなぁ…。どっかの証券会社系のCMでは、ファンクなギター弾いているのに…。

そしてCMで流れている曲は1972年の「メインストリートのならずもの」からの
Rocks off 

Exile On Main St (Remastered) - ザ・ローリング・ストーンズ Exile On Main St (Remastered) – ザ・ローリング・ストーンズ

そして、街のポスターで、ようやくSUNTORYであることを発見!

http://www.suntory.co.jp/stonesbar/index.html

@STONES__BAR

https://www.facebook.com/SuntorySTONESBAR

これでもう、パクリでもなくローリング・ストーンズの正統派であることに期待!!

ROLLING BAR や ROLLING HOP なる飲料が酒であることはわかった。

実際にどこかにBARもオープンされるのだろうか? 気になる!

かつての「マッコリバー」と同様のプロモーションに期待したい!

コンビニで昨夜見つけたので、速攻で購入!

お風呂上りに、シュパッ!とヤラセなしのコメントビデオに挑戦!

それが…これだ!!

 

見ていただければわかると思うが、お風呂上りにのどごしの良さ…

飲んだあとの飲料の分析…。 これは!ビールの味である。

ボクの普段のベースとなるビールは同じく、SUNTORYの「金麦」だ。

それと比較してのコメント。

…ROLLING HOP という名称。

最初からビールだとわかれば、もっとコメントが変わったかも。何かわからずに飲むと期待値の方が高い!

新たな飲料の登場の期待! ローリング・ストーンズの不良中年への羨望!

いろんなものが、まじりあった期待の結果のテイストは、「可もなく不可もなく…」だった。

できれば、テイストは、もっと、どちらかに多いに振り切って欲しかった。

きっと女性向きでないから、思いっきりドライとか、甘すぎないとか、いずれにしても中途半端なテイストで、がっかりしたぞ!

 

The Rolling Stones の「Lips & Tongue(リップス アンド タン)」を使う以上、テイストも、もっとがんばってほしい!

 

●「ストーンズバー〈ローリングホップ〉」

 

アルコール度数4%のビール類の新ジャンル商品。柑橘系の香りが特長のホップを使用し、爽やかな香りを加えることで、苦味を抑えたすっきりとした味わいに仕上げている。パッケージは、モノグラム調のデザインを背景に、シンボルマークである「Lips & Tongue」を中央に配し、スタイリッシュなトーンに仕上げられている。350ml缶(市場予想価格¥140前後)、350ml瓶(料飲店限定)

 

 

●「ストーンズバー〈ローリングゴールド〉」

 

ジンを隠し味に使用したサントリー初のエナジーテイストの瓶入りカクテル。炭酸ガス圧を高めに設定することで、飲み飽きない刺激感のある味わい。パッケージは、「Lips & Tongue」を中心に、炎のイラストをあしらい、中味を分かりやすく表現している。275ml瓶 のみ(¥230)

 

 

●「ストーンズバー〈シトラスハイボール〉」

 

アルコール度数4%で軽快な飲み口のハイボール。ウイスキーにレモン浸漬酒とライム浸漬酒を加え、炭酸ガス圧を高めに設定することで、爽快感のある味わいに仕上げた。パッケージは、銀色を背景に、「Lips & Tongue」とともに弾ける炭酸のイラストを描き、刺激感のある爽快な味わいを表現。350ml缶(¥160)、275ml瓶(¥230・料飲店限定)

 

 

なんと、こんなイベントとリアル店舗が六本木であったとは!
http://www.phileweb.com/news/audio/201206/19/12227.html&nbsp;

新発売に合わせ、「ストーンズバー」が楽しめる特設バー「STONES BAR in HILLS(ストーンズ バー イン ヒルズ)」が6月18日(月)~6月24日(日)の一週間限定で、東京・六本木ヒルズにオープンとなった。バーカウンターやテーブルなどに「Lips & Tongue」のデザインをあしらった華やかな雰囲気の中で、「ストーンズバー」が有料で楽しめ、購入者には、もれなくオリジナル缶バッジ(全50種類)を1つプレゼントされる。

また、同期間中、六本木ヒルズ内「ヒルズカフェ」において、「ストーンズバー」とオリジナルフードのセットが販売されるほか、「The Rolling Stones」関連の写真も展示。

「ストーンズバー」の発売に先立って、内覧会が行われ「STONES BAR in HILLS」の前に、本企画を立ち上げた和田龍夫宣伝部長が新製品について語った。自らも広告メディアと考える和田部長は、今回もド派手な衣装を身に纏い『毎日衣装を変えて宣伝をしています。ストーンズファンでこの企画を立ち上げ、長い時間がかかって実現することができました。このような企画はサントリーしかできないことと思いますし、発表後、企業イメージも上がった気がします。六本木ヒルズはロックにもマッチするエリアであり、特設バーをオープンできることは嬉しいことですね』と話した。


「STONES BAR in HILLS」の店頭に立つ、企画を行ったサントリー酒類㈱宣伝部長の和田龍夫氏

18時からは、発売記念イベント「STONES BAR NIGHT」が開催され、Charらがステージにてストーンズの名曲を演奏し場を盛り上げた。Cherは息子であるJESSEと共演し、『親子でこんなイベントに出られる年になって嬉しい』とコメント。その後イベントは、トークショーにテリー伊東なども登場し、気軽に楽しめる新しいお酒の登場を祝っていた。


「STONES BAR NIGHT」ではCherと息子のJESSEが一緒にストーンズナンバーを演奏

ライヴステージで熱いパフォーマンスを行うChar


イベントに出演したゲストの面々が「ストーンズバー」で乾杯!

また発売前から、スマートフォン用アプリや「ストーンズバー BE-ROLLING(ベローリング)」キャンペーンもスタート。本日から注目のTV-CMなどもオンエアされるから、ますます話題が大きくなることだろう。

アルコール分が少なめの爽やかな「ストーンズバー」は、これからの暑い時期に、仲間を囲んでワイワイと楽しむにはうってつけのお酒。コンビニでも大々的に発売されるので、ぜひ一度味わってほしい。

【特設バー「STONES BAR in HILLS」】
●場所:六本木ヒルズ「大屋根プラザ」
●開催日時: 2012年6月18日(月)~6月24日(日)17:00~22:30
※ただし、6月18日(月)は18:30~22:30、
6月23日(土)は13:30~22:30、6月24日(日)は13:30~21:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Category: typepad
  • 0
  • 189
Toshiaki Kanda