805 Views

SVOD事業 VOD事業 ネットフリックス リード・ヘイスティングス

米国 

NetFlix (1997年創業1998年サービス開始)

DVD 1,600万人

リード・ヘイスティングス
インターネットと郵送を組み合わせたレンタル・モデルの考案者

定額ストリーミング配信(2010年開始)
4,040万人(米国3,120万人) (2013年9月)

ヘイスティングスの経営者としての強みは自身も無類の映画好きという点。そもそも「月額固定料金で映画見放題」というビジネスモデルを思いついたのも、レンタル屋から借りた『アポロ13』についた延滞金40ドルゆえだった。

アメリカのインターネットトラフィックの半分は、ネットフリックスとユーチューブの利用によるものとされている(サンドヴァイン調べ)。

ネットフリックスの利用は人気のユーチューブをも上回り、それ自体でほぼ3分の1を占めるほど利用が多い。

ネットフリックスオリジナル、最初の作品は、デビッド・フィンチャーがプロデュースし、ケビン・スペーシーが主役を務める『ハウス・オブ・カーズ』

2013年、ついに映画で上映されない映画の時代へと突入した 

Revenue Increase US$4.37 billion (FY 2013)[2]
Operating income Increase US$228 million (FY 2013)[2]
Net income Increase US$112 million (FY 2013)[2]
Total assets
  • Increase US$ 5.412563 billion (2013) [3]
  • Increase US$ 3.96789 billion (2012) [3]
Total equity Increase US$1.33 billion (FY 2013)[2]
Employees Decrease 2,022 full-time (FY 2013)[2]

 

 

 

2位 Hulu   500万人

 

 

日本のSVOD市場で最も会員数の多いサービスはドコモのdビデオ(450万人)

 

スカイパーフェクト 371万人 

 http://www.eiseihoso.org/data/

 

WOWOW 264万人(2014年3月) 新規50万人 解約48万人

 http://www.wowow.co.jp/co_info/service/subscriber/2013.html 


http://markezine.jp/article/detail/19359?p=2

VOD事業の3つのビジネスモデル

TVOD(Transactional Video On Demand)

都度課金制動画配信。コンテンツを1話●●●円となどのかたちで売る配信モデル

SVOD(Subscription Video On Demand)

定額制動画配信。Huluなどに代表される、月額定額でドラマや映画が見放題のモデル

AdVOD(Advertising Video On Demand)

無料動画配信。無料で動画を配信し、広告で収入を得るモデル

日本テレビ 事業局コンテンツ事業部長 船越雅史氏

日本テレビの放送外収入は20~30%程度で、決して多くはありません。会社としての目標は、2020年までには、放送外収入の比率を半分にまで引き上げたい

TVODの事業モデルには限界があります。その事業規模も、10~20億程度が限界でしょう。ゆくゆくは米国型のSVOD、その先には無料広告型のAdVODの時代が必ずきます。SVOTとAdVODのモデルををうまく組み合わせて事業をつくっていく時代がくると思います。

この記事に関連する記事