1,409 Views

カール・ヘフナー500-1バイオリンベース The Beagles ザ・ビーグルズ

カール・ヘフナー500-1バイオリンベース

お気に入りはこの背中のトラ目。ベルトの小さなキズはたくさん

 

シリアルは 261038 ヘッドの削れは連戦のステージの勲章

 

Genuine Hofner Original Made in Germany とあるけど、単なるシールです

 

2002年ポール・マッカートニーが来日した東京ドーム初日の夜
ポールにサインをお願いしようと持ち込んだ…が! 
トライセラトップスの和田唱さんのサインをいただきました! 

 

1996年の石川県加賀市で開催されたビートルズ音楽祭。

そこに参加したジョージ・マーティンの前で、繰り広げられたビートルズ・バンドコンテストを見ていたらヘフナー熱にさいなまされ、いてもたってもいられなくなった。神戸デジタルラボ永吉一郎社長と参戦!

この時、ボクは、ジョージ・マーティンさんと奥さんと少しだけお話ができた。奥さんの香水はシャネルのN19だった。持っていたオベーションにサインをと思ったが、もらい損ねた。あれがヘフナーだったらと思わず思う。

この時に出演していたのが、パウロ鈴木さんらのビートルース。ビートルースさんは、ジョージ・マーティン賞を受賞!

そして、ようやく1996年の暮れにヘフナー500-1を入手。どこで入手したのかの記憶がなぜかない…。神戸三宮の楽器店だったはず。10万円前後だ。震災後の記憶は、なぜか、ところどころ断片的なところがある。

それまで、Fender Japanのプレジションベース黒でビートルズを演っていたのが、ようやくヘフナーとなり、真剣に取り組めるようになった。

六甲アイランドにあったポポロというジャズハウスで、月に一度ビートルズナイトというセッションデーを開催させていただくようになった。
この時に、岡本商店街のアリオリオの松田朗さんと知り合う。

当時のセッション仲間で、神戸のいろんなライブハウスでビートルズセッションを繰り広げるようになる。あの頃のメンバーとまた再会したい、遠くは大阪の堺から六甲アイランドまで足をのばしてくれた。

当時のセッションデーで知り合ったメンバーたちとビートルズトリビュートバンド「The Beagles」を結成(第一期)。

1998年3月29日 六甲アイランドでのライブ演奏 

その後、1999年米国シリコンバレーに渡り、ネットバブルがはじけ、2001年東京を本拠地とするようになり、The Beagles 第二期は東京で展開した。

ジョン・レノンミュージアム、六本木キャバーンクラブ、大塚welcomeback、神泉ランタン他など

その後、ビートルズのジャンルを増やそうと、Rickenbacker #4003を手に入れたのですが、逆にビートルズが遠ざかることに、新しいRickenbackerのサウンドに魅せれていく。

IMG_6295.JPG

その後、バンド活動は、渋谷でオープンしたセッションのできるBARへと活動が移っていく。

2004年10月14日 OPEN ソーシャル・ネットワーキング.BAR 

2006年11月1日 OPEN     BarTube としてリニューアルオープン

ラルク・アン・シエルのトリビュートバンドもこの頃、ラルク・ドット・シエルもこの頃だった。Barに来られるお客さんたちとライブハウスなども展開。

2008年06月27日 Bar事業部事業を売却 

その後、Band活動はお休み中… 2013年 そうか、気がつくと5年もバンド活動していないぞ。

年に一度のソフトバンク仲間のAcademia Band や
2013はmeshibeさんたちやJoeさんと一度、ライブセッションしただけだわ…。

 

この記事に関連する記事