1,525 Views

都知事選は小池百合子が圧勝、2位の増田寛也、3位の鳥越俊太郎に大差!今回の都知事選が「本当の終わりの始まり」

スポンサーリンク

【追記】20時になった瞬間、当確情報がとびこみ、小池百合子新都知事が誕生

2016年7月31日日曜日、舛添要一元東京都知事の政治資金不正問題辞職による
東京都都知事選挙の締め切りまであと1時間となった。

しかし、すでに、出口調査では、小池ゆりこ氏が圧勝だそうだ。

結局、安倍晋三首相が増田ひろや氏の横にならぶことはなく、選挙中の民進党の岡田克也代表の代表選不出馬を表明なども早過ぎる自己否定に近かった。

何よりも、2016年7月30日に、安倍首相と現タレント兼弁護士の橋本徹氏が会談の席を持ったということが今後の改憲のための、衆議院解散の時期を見据えられたのかもしれない。

橋本徹氏のレギュラーがいつまでなのか、そして、「小池の乱」が与党に収まるのだろうか?

いや、むしろ、小池ゆりこ氏には、新たな野党を企てるくらいの力量を見せてほしいものだ。
そのためには、早めにすべての政治資金報告書だけではなく、領収書もふくめて、自ら全公開するなどの自分自身のクリーニングを証明する必要もありそうだ。

❏現時点のマスコミ各社の出口調査では、小池百合子が圧勝らしい。2位の増田寛也にもダブルスコアに近いような大差をつける勢い、3位の鳥越俊太郎とはさらに大きな開きがあるとの情報も流れ、このままいくと投票締め切り直後に当確が出るのではないかと言われている。

❏投票率が非常に高いことはすでに報道されているが、浮動票のほとんどは小池に流れているようだ。今回の都知事選は、ワイドショーが連日のように大きなニュースにする、まさに“テレビ選挙”の様相を呈したが、それをいちばんうまく利用したのが小池だった。

❏永田町では数日前からこの結果を予測しており、安倍首相も昨日、増田の応援に立つことを予定しながら、恥をかくのが嫌で逃げ出した。
❏一方、民進党の岡田克也代表が昨日、代表選不出馬を表明したのも、都知事選の責任を問われるのを避けようとしたからだと言われている。
❏いまは、距離のある安倍首相と小池だが、この空気を考えると、この先、両者が合体し、改憲で共同歩調をとる可能性も十分ある。

❏「昨日、安倍首相は橋下徹元大阪市長と会談をもちましたが、これは明らかに、改憲に向けた衆院解散をいつ打つかという相談でしょう。橋下氏が衆院に出馬できるタイミングで解散しようという計画が話し合われたんじゃないかと言われている。

❏もしかしたら、この動きのなかに、小池を組み込むということも考えられます。そうなればものすごい勢いになるかもしれません」(全国紙政治部記者)

❏小池には政治資金をめぐる疑惑がくすぶっており、都知事当選後にそれが噴き出るのではないかと言われていたが、もし、安倍政権と一体化すれば、マスコミは弱腰になり、追及も難しくなるだろう。

❏そして、野党のほうは、岡田の不出馬で民進党の権力構造が変化し、野党共闘が機能しなくなる可能性も考えられる。 もしかすると、今回の都知事選が本当の終わりの始まりの大号令になるかもしれない。

情報源: 悪夢が現実に! 都知事選は小池百合子が圧勝、2位の増田寛也、3位の鳥越俊太郎に大差|LITERA/リテラ

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク