10,714 Views

本気で作られたパロディ!ユニクロの吹石一恵ブラトップ【動画】

ユニクロの「ブラトップ」の吹石一恵さんのCMは清潔感のあるセクシーさで好感の持てるCMだろう。265万回再生されている(2014/06/22)

そして、こちらが、東京倉庫が製作したパロディCMだ。13万回再生されている(2014/06/22)。本編には及ばないまでも、インタビュー編よりは、視聴されていることとなる。

 https://www.youtube.com/watch?v=4h2GJn45KkM

【動画あり】話題の“貧乳”偽ユニクロ動画…高品質パロディ動画を量産する企業の野望
http://biz-journal.jp/i/2014/06/post_5179_entry.html

株式会社 東京倉庫のビデオを気になって見てみると、いろいろと新たな動画マーケティングにかける意気込みが伝わってくる。
視聴数はまだ、数百から数千だが、CM動画のパロディだと一気に10万単位で増えている。しかし、これは動画登録者数が、まだ1,866人(2014/06/22)だからだ。これが10倍、100倍、1000倍に増えると、この動画ビジネスは一気に開花することだろう。テレビの番組製作をしていることがアホらしくなる時代がすぐにやってくることだろう。

動画ベンチャー界では、ゲーム実況中継のみで年間4億円稼ぐ、ストックホルムのフェリックス・シェルベリさん24歳のように、「消費行動の拡散行為」がビジネスになることを証明させている。
2,700万人(27,962,371人 2014/06/22)の登録者数は、ユーザーが、YouTubeを視聴やメールでシェルベリさんの動画視聴の機会を促され、視聴するので、常に200万回以上視聴されている。つまり全世界を巻き込んだテレビなのだ。10%の広告収益としても、1本のビデオが20万円の収益を叩き出すこととなる。
https://www.youtube.com/user/PewDiePie

https://www.youtube.com/user/PewDiePie/videos

スタジオも広告主もなく、自宅のリビングでYouTube広告の方が稼げる時代になっている。しかし、ネタのほとんどは、世界のティーンネイジャー向けだ。
少子化の日本では、成立しにくいビジネスであることは確かだ。

オトナのボクが見ても、何が面白いのか?さっぱり理解できない(笑)

 

この記事に関連する記事