1,076 Views

Windows7よ、安らかに眠れ

ついに、有料サポートのみに切り替わるという。
XPが消え、7が消え、10の噂がチラチラとかせめて10がでるタイミングまで待てなかったのだろうか?

このタイミングでMacに行く人増えるかも、もはやOSに金がかかるなんて知らない世代も増えてきている

Windows 7のメインストリームサポート13日に終了 延長サポートは2020年まで

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1501/09/news123.html#l_yuo_win7.jpg

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6145914

 Windows 7がリリースされたのは2009年のことである。6カ月で1億本を売り上げた後、絶大な人気を維持し続けている。前世代の「Windows Vista」よりも安定しており、大幅刷新された後継版のWindows 8よりもなじみ深いことから、Windows 7は今でも世界中のPCの半数で稼働していると推定されている。

13日でWindows 7は、すべてのユーザーに無償でサポートが提供されるメインストリームサポート期間を終了し、延長サポート期間に入る。つまり今後、同ソフトウェアのサポートは有償になる。2020年には延長サポートが終了し、その時点でWindows 7は永遠に廃止されることになる。

この記事に関連する記事