1,045 Views

16年前の『STAR WARS 公開初日』の行列はこんな感じだった!

スポンサーリンク

STAR WARS 公開初日への期待!
ロサンゼルスで、『スター・ウォーズ_エピソード1/ファントム・メナス』を取材した時のビデオレポート
https://ja.wikipedia.org/wiki/スター・ウォーズ_エピソード1/ファントム・メナス

1999年5月19日のレポートだ。 あれからすでに16年も経過している!
この日からスターウォーズ IVのNEW HOPEまでの前日譚シリーズ I II IIIのシリーズが公開されたのだ。

スターライト財団が、行列の人数分の寄付を受けられるというキャンペーンのせいもあり、行列は40日間にも及んだ。
当日チケットがなんなく取れてしまうということもあったが、そこは行列する側の期待も非常に大きい。
なぜなら、行列のほとんどが、20代以下の若者。(←※その若者たちもすでに30代中頃)

『スター・ウォーズ_エピソード4/新たなる希望』の公開が、1977年5月25日だったので、エピソード1/公開当時から22年が経過している。
https://ja.wikipedia.org/wiki/スター・ウォーズ_エピソード4/新たなる希望

当然、20代以下の彼らはリアルな『スターウォーズ』を知らない。しかし、おもちゃであったり、シリーズをビデオやDVDで観てきた世代の人たちだ。
生まれてから、ずっと『スターウォーズ』のキャラクタービジネスで成長してきた層であるから、映画館での初日にはさぞ期待をもって集まったのだろう。
伝説のスターウォーズをはじめてスクリーンで見るという経験ができたのだ。

映画のクレジットが登場し大歓声!
あのテーマ音楽が鳴った瞬間、当時の『マンズ・チャイニーズ・シアター』は、われんばかりの拍手と喝采と、カメラのFlashでわいたのだ。

そして、本日、2015/12/18 18:30より、スターウォーズのエピソード7 の公開で新たな三部作がスタートする。
1977年5月25日 からすでに38年経過。あの頃の映画の続編をまた、視聴するというのは感慨ぶかい!

本日、としまえんのIMAXで見てくるぞ!

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク