[wp]これは便利!ブログ執筆を省力化できるプラグイン集

Toshiaki Kanda 2015年09月22日 火曜日
0 people like this post

ブログを執筆する時に、同じ作業を何度も繰り返すことがある…。
しかし、WordPressのプラグインの中には、そんな苦労を一気に解決してくれるプラグインがたくさんある。

実際にボクが使っていて、目からウロコなプラグインまとめ

サムネイル画像を自動で選んでくれるAuto Post Thumbnail

Auto Post Thumbnail

最初に記述したサムネイル画像を自動的に選んでくれるプラグイン。
自分のサーバでなくURLで指定された画像もサムネイル化されるので、画像サービスなどからのリンクのembedでも可能となる。サーバー容量が少ない人とかには特に嬉しい!

http://naruhiko1111.com/1526.html
http://webdesignerwork.jp/wordpress/auto_post_thumbnails/

コピペ一発でWordPressの投稿時にアイキャッチを自動設定させるカスタマイズ方法(YouTube対応版)


http://wispyon.com/41/

http:があれば勝手にリンク先を生成してくれるAuto-hyperlink URLs

Auto-hyperlink URLs

いつも、http:// と記述して、それをコピーして、メニューバーの
linkをクリックして、

ここにURLをペーストする。
どんなに早くても、人生を約10秒は損する作業だ(笑)

それをAuto-hyperlink URLs は、自動的にURLリンクボタンを生成してくれる。
おお!これは楽ちんだ!
設定はこんな感じ、電子メールのリンクなどにも対応

ボクのメールアドレスもほら!

kandaknn@gmail.com

こんな感じかな…。でも昨今では、SPAMが増えるだけだからメールアドレスへのリンクは不要かもしれないですね。

URLを自動リンクするWordPressプラグイン、Auto-hyperlink URLs

WordPress Auto-hyperlink URLs 記事中のURLに自動でリンク作成してくれるプラグイン 


http://code-bug.net/wp投稿内容への自動リンク/

権利関係が問題ないとされる微妙な(笑)イメージ画像が使えるFlickr – Pick a Picture

ブログのエントリに写真がないと、なぜか寂しい、そんな時にイメージカットをFlickerから、フリー使用が問題ない写真を選択できるプラグイン。米Yahoo!のFlickrのアカウントが必要です。

Flickr のAPI keyがあれば使用できます。
API keyの取得方法はこちらへ

Flickr API Keyの取得

Flickr APIを使ってみよう(1.APIキーの取得)

使い方は、メディアを追加の隣のカメラアイコンをクリック

フリーのビキニ画像が欲しかったので、bikini を検索。

日本語でフリー登録されている写真が少ないので英単語で検索するのがよいですね。
※健康的なbikini画像でも肌色の面積が多すぎるとGoogle Adsenseから忠告がはいるので、その肌色分量には注意が必要です!

そして、気に入った写真を選択する。サムネイルに登録(アイキャッチ画像として使用)もできます。


こうやって選択するだけで、イメージカット写真が合法的に使用できます。写真の権利者へのリンクが表示されることによって、相互に利益があるのです。こういう写真の貸借関係よいですね。

By: Bikini Open

WordPressに著作権フリーのFlickr写真を簡単にアップさせるプラグイン

Flickr画像をWordPress投稿に1クリックで挿入するプラグインまとめ


http://www.pc-weblog.com/flickr-pick-a-picture/

Category: wordpress
  • 0
  • 72
Toshiaki Kanda