レッドツェッペリンのロックンロールのドラムは、実は、ジョニービーグッドだった!

Toshiaki Kanda 2013年11月19日 火曜日
0 people like this post

スポンサーリンク


 


レッドツェッペリンの「ロックルンロール」のキモは、ジミー・ペイジのギターでも、ロバート・プラントのハイトーンでもない。

最初のあのドラムだ。

しかし、旨いドラマーの人ほど、あのドラムがたたけない。

正確に叩こうとすれば、するほど遠ざかっていく。

あれは、ジョンボーナムのユレであるとか、録音時のミスとか言われているが、ライブでも完璧に叩いている。

 

その謎が見事に説けたのが、このYouTubeでの解説だ。

 

話が長いのが外国人のYouTubeの特徴で困るのだが(笑)、ドラムで、チャック・ベリーの「ジョニービーグッド」のイントロのサウンドを見事に解説してくれている。

ドラムを叩くのではなく、ドラムで、ジョニービーグッドを奏でないとあのドラムが叩けない。

そうやって、「ロックンロール」を聞くと、イントロはロカビリーなドラムだったんだとわかる。なんとも意外だった!

スポンサーリンク

  

Category: music
  • 0
  • 2346
Toshiaki Kanda

KNN