846 Views

50年間経過してはじめてわかる外交文書 佐藤元首相の沖縄演説 米の要求で変更

スポンサーリンク

外交文書、50年後にやっと解禁となる。

現在の日本の実態は、2065年にならないと明らからにならない 

相当アメリカに恐喝されていることは同様だろう。

今頃佐藤首相のこと知らされても… 

さらに特定秘密で何も知らされない…。

RT @nhk_kabun: 【佐藤元首相の沖縄演説 米の要求で変更】http://t.co/6xuFcv0nBz

1965年に当時の佐藤総理大臣が戦後初めて返還前の沖縄を訪問した際に行った演説の内容が、アメリカ側の強い要求を受けて直前に変更され、沖縄の安全保障上の重要性などを強調する内容が追加されていたことが、15日公開された外交文書で初めて明らかになりました。

沖縄が返還される7年前の1965年8月19日、当時の佐藤総理大臣は総理大臣として戦後初めて沖縄を訪問し、現地で行われた歓迎大会で住民らを前に演説しました。

15日公開された当時の日米間の交渉経緯を記した外交文書によりますと、アメリカ側はこの演説が行われる3日前に文案を事前に提示するよう求めました。

その翌日、日本側は沖縄の本土復帰に向けた日本から沖縄に対する援助などを中心にした文案を提示しましたが、その際アメリカ大使館の参事官は「日本自身の安全保障にとっての沖縄の重要性に言及されていないことは何とかならないか」と不快感を伝えました

引用元: 佐藤元首相の沖縄演説 米の要求で変更 NHKニュース.

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク