イオン、1/15発効の日豪EPA3日間先取りフェア

Toshiaki Kanda 2015年01月15日 木曜日
0 people like this post
By: Steve Johnson

EPAで実際に小売価格でどれくらい反映されるのかが気になる。
国産はブランド化で、豪産輸入肉は冷凍肉、冷蔵肉と使い分けのユーザー側のTPOが気になる。

 

イオンは2015年1月15日に日豪EPA(経済連携協定)が発効することを記念して、豪州からの輸入品の入荷より一足早く、牛肉やワインの関税引き下げのメリットを感じてもらおうと、1月15日から18日に「日豪EPA関税引き下げ タスマニアビーフフェア/豪州産ワインフェア」を開催する。全国の「イオン」「ダイエー」「マックスバリュ」など約1200店舗で関税引き下げ率よりも一段とお得な価格で、タスマニアビーフや豪州ワインの提供を開始する。写真は、イオン品川シーサイド店の畜産売場の様子。

引用元: イオン、15日発効の日豪EPAを3日間先取りした関税引き下げ豪州フェアを展開 2015/01/14(水) 19:38:31 [サーチナ].

日本と豪州の経済連携協定(EPA)が15日発効し、豪州産の牛肉やワインなどの関税が引き下げられた。

 豪州産牛肉にはこれまで38・5%の関税がかけられていたが、15日からは冷蔵肉は32・5%、冷凍肉は30・5%にそれぞれ下がった。今後も段階的に下がり、冷蔵は15年目に23・5%、冷凍は18年目に19・5%まで下がる。15日以降に輸入した牛肉が店頭に本格的に出回るのは今春とみられる。

 瓶詰のワインも、従来は「15%」か「1リットル当たり125円」の安い方を選ぶ方式だったが、7年間でゼロになる。

 豪州に輸出される日本の中小型車にかかっていた5%の関税は即時撤廃された。
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150115-OYT1T50091.html

https://www.topvalu.net/greeneye-tasmanianbeefsyosai/

この記事に関連する記事

Tags:
Category: news
  • 0
  • 117
Toshiaki Kanda